スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「名もなき詩 」mr.children

あるがままの心で 生きられぬ弱さを
誰かのせいにして過ごしている
知らぬ間に築いていた 自分らしさの檻の中で
もがいているなら 
僕だってそうなんだ


「名もなき詩 」mr.children→http://www.youtube.com/watch?v=CsVwOOKmAPI

中一のときに発表された曲で、当時の自分は「こんなかっこいい曲はこの先ないだろうな」と思ったんですね。

そして今聴いても、「すごいよこれは、なんでこんな詩が書けたんだろう?」って思います。なんでこんなに自分を吐けたんだろうかと。

12、3歳のときに決めたこと、好きだったこと、それらが今尚続いていることが、自分にとっては幸せなことで他人に包み隠せず話せることなのかもしれない。



先日、元奨励会で友人のTから3年振りくらいに連絡があって、「おう、久しぶり、今なにやってんだよ!?」ってな感じで話して。Tとは丁度この曲の頃、12,3歳のときに仲良くなって、一緒にミスチル歌ってたりしたなーって。

その電話で、わたしが「そういやKが○○でおまえのこと見かけたって言ってたけど、それホントなの?」って聞いたら、

T「ああ、それオレだよたぶん。でもあんときは、正直みんなに声掛けて欲しくなかった。あんまり皆には関わって欲しくない種の仕事してたから」

ああ、って思った。

真剣に自分と向き合っている人間の、真剣に友人を想う言葉。

そんな言葉を聞いて、久々にこの曲を聴いて、心の中にあった邪魔なものがスッと消えていった。









トイレの神様 植村花菜

今日は昼ごろから3つ隣の大きな街へ出て買い物。
欲しかったもの、それはこれ↓
ギター

なんだかんだと家にいる時間が多いので、どうしても自分のギターが欲しかった。
ちなみに今まで使っていたのは父親のモノ。かなり高価なギターだったようで良い音の出るギターだった。

しかしいきなりギター買うなんて・・・動機がある。

それは先日居酒屋で流れていた1曲。

トイレの神様 植村花菜

流行は好きじゃないし、特に最近の音楽は上手く歌おうというような風潮が強くて中身が空っぽのような気がして聴いてなかった。
だからこの曲も「売れたの?紅白出たり、なんか大賞取ったの?」くらいに思ってた。

そんなだったけど、なんとなくこの曲を居酒屋で丸々1曲聴いたとき「なんか良さそうだ」と強く残って。

アコースティックギターなのも良かった。


ギターを買ってきて、この曲を弾こうと思ったけど、コードや歌詞を見ても1回しか聴いたことないから原曲がわからない。
そのままユーチューブで検索して曲を聴いた。

衝撃でした。

ギターを弾くとか歌詞をみるとかそれ以前に、涙が出てくる。


こんな曲が、こんな歌い手がいたんだ・・・。


一般的には「今更??」って感じだと思うんですが、自分みたいに「最近の音楽は・・・」と思って聴いてない人には是非聴いて欲しい一曲です。

きっと思います、ホンモノっているんだなぁって。


HANABI (mr.children)

HANABI(mr.children)

君がいたらなんて言うのかな?
「暗い」と茶化して笑うのかなぁ
そのやわらかな笑顔に触れて
僕の憂鬱が吹き飛んだらいいのに

決して捕まえることのできない 
花火のような光だとしたって
もう1回もう1回 もう1回もう1回




そんな風に憂鬱が吹き飛んだらいいのに。

もう1回震災前の日本に戻れたらいいのに。。


そんな気持ちです、毎日。

ブログ更新が滞ってるのは、考えすぎて言葉に詰まるから。

「LAMP 」BUMP OF CHICKEN

思いつく限りの夢や理想を残らずポッケに詰め込んできた
ポッケに空いている穴をみつけて泣き出す瞬間呼び掛ける声



誰にでも、あの頃よく聴いてたなぁって曲がありますよね。
それが自分にとって20前後のときに毎日聴いていたこの曲。
「RANP」(BUNP OF CHIKEN)

あの頃・・・失恋したんですよね。忘れたいと思っても、そこだけ鮮明に覚えているんです。

部屋を真っ暗にして泣いてたんですよ、そしたら電話がかかってきて・・・その娘からだと思ってしゃっくり出しながら電話出たら・・・

Mさんだったんですよ(笑)

いやMさんも当時20くらいだし真面目に別件で電話してるわけで悪気のかけらもないんだけどわたしにとっては痛恨の思い出ですね(><

んでそのまま一睡もせず、翌日順位戦の記録・・・。その昼休で飯も食わず一人公園に行って電話から全て消したり。
その記録取った対局者も将棋も鮮明に覚えているし。
どういう気持ちで記録係やってたかって??

「終わらないでくれ」って(笑)

このまま一生現実の世界に戻らず12時間でも24時間でも36時間でもこのまま続いてくれればいいなって。
順位戦の記録取るときは普段は「終電までに終わってくれたら(家に帰れるから)ラッキー」くらいですけど、この日は永遠に終わらないで欲しいと思った。

そう思う日に限って早く終わるんですよね(笑)

参った参った、家に帰って布団で寝るなんて考えられない。。

と思ったら救いの手が。「麻雀打たない?」って。

朝まで打って翌日は朝から府中に行って、終わってからまた徹まん。

そんときずっと一緒だったのはわるよい氏だったかな。

60時間くらい寝ず食わずで家に帰ってきて、倒れることしかもう何もできない。頭で考えさせない。
「痛めつけてやったぜ、さあこのまま永遠に寝やがれ」って思って布団入ったなぁ。

結局12時間くらい寝て腹が減って起きるんだけども(笑)


フリが長すぎるんですけど(笑)、その直後この曲聴いて、震えました。


貰える限りの愛や安心を入れたカバン大事にしてきた
そいつを誰かにひったくられて くたばる寸前呼びかける声
「ハローハロー聞こえるだろ、君の中にずっと居たんだよ。大丈夫、大丈夫、君と生きる情熱のランプだよ」

失くした愛、安心の類、それを探し凍える道を
暖めるよハートのランプ 今まで気づかなかった頼れるパートナー


「約束しろよハートのランプ もう一度僕を歩かせてくれ」
「変だな僕は君自身だよ 自分が信じれないのかい?」
小さく震える手にはマッチ 今にもランプに火を灯す
闇に凍えるこの身を救う 最後の術はこの身の中に


この曲は自分と自分の対話なんですよね。
失くした愛、安心を落っことしちまったおまえにもう一度心にランプつけてやるよって。

今聴いても、やっぱり涙出てきますね。。


もし今わたしが精神的に病んでいるとしても、これでも当時よりはだいぶよくなってるんですよ(笑)(病んでません!^^)















「your song 」 elton john covered by mr.children

「your song 」 by mr.children

原曲はこちら→Your Song / Elton John

It's a little bit funny this feeling inside
I'm not one of those who can easily hide
ちょっとおかしいんだ。 この胸の奥の感じ。
ボクは感情がすぐに顔に出るタチでね。


I don't have much money but boy if I did
I'd buy a big house where we both could live
ボクは金なんてあまりないけど もしあったら
大きな家を買うよ。 二人が住めるような家をね。


If I was a sculptor, but then again, no
Or a man who makes potions in a travelling show
もしボクが彫刻家なら なんて思うけど無理だよね。
それとも旅回りの薬売りだったら―。


I know it's not much but it's the best I can do
My gift is my song and this one's for you
大した物じゃないのはわかっているけど これで精一杯なんだ。
ボクの贈り物はボクが作ったこの歌。 君にあげよう。


And you can tell everybody this is your song
It may be quite simple but now that it's done
みんなに言っていいんだよ。 「これは俺の歌だ」って。
えらく簡単な歌かもしれないけど できたてさ。


I hope you don't mind
I hope you don't mind that I put down in words
気にしないでくれよ。
気にしないでくれよ。 こんなこと書きとめたけど。


How wonderful life is while you're in the world
なんて人生は素晴らしいんだ 君がこの世にいるのなら。



I sat on the roof and kicked off the moss
Well, a few of the verses, well, they've got me quite cross
ボクは屋根に座って 苔をけちらした。
詞の2,3行は 気に入らないけれど


But the sun's been quite kind while I wrote this song
It's for people like you that keep it turned on
日和は穏やかだった この歌を書いてる間―。
この歌は君みたいに ずっと気に入ってくれる人のために作ったんだ。 



So excuse me forgetting but these things I do
You see I've forgotten if they're green or they're blue
で 忘れてごめん。 ボクが忘れてしまったそいつが,ね。
ほら 思い出せないんだ。 それがグリーンなのかブルーなのか。


Anyway the thing is what I really mean
Yours are the sweetest eyes I've ever seen
ともかく 大事なのはボクの本気の言葉。
君の目のような優しい目を 今まで見たことがない。


And you can tell everybody this is your song
It may be quite simple but now that it's done
みんなに言っていいんだよ。  「これは俺の歌だ」って。
えらく簡単な歌かもしれないけど できたてさ。


I hope you don't mind
I hope you don't mind that I put down in words
気にしないでくれよ。
気にしないでくれよ。 こんなこと書きとめたけど。


How wonderful life is while you're in the world
なんて人生は素晴らしいんだ 君がこの世にいるのなら。


I hope you don't mind
I hope you don't mind that I put down in words
気にしないでくれよ。
気にしないでくれよ。 こんなこと書きとめたけど。


How wonderful life is while you're in the world
なんて人生は素晴らしいんだ 君がこの世にいるのなら。




先日買ったミスチルのDVDに入ってた曲、時代も言葉も超えた名曲。

こんな優しい気持ちになれる曲があったんだ。。

洋楽は、特にこの曲はいろんな和訳があるみたい、和訳だけじゃなく意味があるみたい。聴く人の心がしっくりくる感じでいいのかな。

この曲の締めの部分、


How wonderful life is while you're in the world
なんて人生は素晴らしいんだ 君がこの世にいるのなら。


確かに、そう感じる。

是非聴いて欲しい、同じ気持ちになると思うから。

プロフィール

月下のシン

Author:月下のシン
2008年10月1日付けで棋士となった佐藤慎一です。
気づいたら早いもので4年目に突入!
宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Love Clock
グラフィカルとけい
Sweets
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。