スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日のポイントの局面

勝又六段との対局は振り駒で後手となり、相矢倉の出だしから先手の勝又六段が早囲いを匂わす序盤となりました。(早囲いとは先手番で矢倉に組むとき、▲68角を省略して囲う作戦、オーソドックスな囲い方の王様のルートは69~79~88ですが(このとき79の角が邪魔なので一回▲68角と上がる手が必要になる)、早囲いは68~78~88のルートで囲うため、角を一回上がる手を省ける)

それに対しての後手のわたしは、急戦策も考えたものの、結局は一番穏やかに組み合う順を選び、駒組みがある程度できあがったところでは15年前くらいに流行った森下流の将棋に合流してくるという、不思議な感じになっていました。

その定跡手順に合流する直前、先手の勝又六段が仕掛けをしたのですが、直後に錯覚があったようで有利な局面を迎えたのが下図。

20110128勝又佐藤49手

駒の働きやまとまりで後手優勢ですが、駒の損得はありません。

優勢なときは普通の手を指せばよい、というのは将棋の常識ですが、図から平凡に△55銀は▲56歩△64銀▲48飛△95歩▲78金△31玉▲45歩(仮想図)

仮想図

特に後手が悪い手を指したわけじゃありませんが、こう進むと先手も次の▲65歩をみせて、また▲35歩と攻める狙いもあり難解となります。

戻って最初のポイントの局面で、後手の有利なポイントは駒の働き、効率、まとまりなので無難に手が進むとグッと差が縮まってしまいます。

要はここは阿久津流瞬発力が必要となります。(特に阿久津流言う必要はない笑)

戦いを起こせれば先手がまとまりが利かず後手が有利になるだろという局面なのです。

実戦は最初の図から本局最長の30分の長考で△64角と出て、▲48飛に△52飛と大駒を急所に移動。先手に息つく暇を与えないのがポイントとなります。後手も41玉型なので怖いところありますが、やはり相手の離れ駒、遊び駒が動き出す前に決着をつけにいったのがよかったようです。

ちなみに30分考えた中には仮想図ももちろん頭に思い浮かべていて、「これじゃあちっとも良くならないな」という風に切り捨てました。


中盤での形勢判断は非常に難しいですが、目にみえてわかるのが駒の損得、玉の堅さ。

その先に駒の効率、相手の駒を遊ばせているなどの要素が入ってきます。長考してるときはその先の局面の微妙な形勢判断などに苦労しているときもありますので、初段以上の実力を付けるには駒の働き、効率も形勢判断の材料にするといいと思います。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なるほど!

49手目図で確かに先手は銀が両方に分断されていて動けないし、中央が手薄ですね。そこに後手は飛角銀を集中させて攻め込むわけですね。
57手目図では先手の飛角銀が45歩を拠点に攻め込んできて攻め倒されそうです(もちろん私が後手なら)。すごくわかったような気がします。「サトシン流・初段より上を目指す中盤の攻防」という本の原稿みたいです。

でも相居飛車って戦い方が難しいです。矢倉や角換わり腰掛け銀もそうですが、特に横歩取りは超難解というか全くわかりません。相居飛車は攻防の切り替えがサッカー、居飛車対振り飛車は野球に似てるような気がします。プロは圧倒的に居飛車党が多いと思うのですが、理由はあるのでしょうか。最近では藤井先生や鈴木大介先生、広瀬先生も居飛車党のようですが。

解説ありがとう

大変丁寧でわかりやすい解説ありがとうございました。
いよいよ順位戦も残り僅かとなりましたが、この調子で自分の力を出し切ってがんばって下さい。暖かい応援を心の支えにして突き進んで頂けたら嬉しいです。

No title

解説ありがとうございます!!

なるほど、6四角からが決め手ですか。謝らせるだけ謝らせて違うところへの展開は気持ちいいですね。

個人的には5筋、4筋の連続の突き捨てが参考になりました。
プロフィール

月下のシン

Author:月下のシン
2008年10月1日付けで棋士となった佐藤慎一です。
気づいたら早いもので4年目に突入!
宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Love Clock
グラフィカルとけい
Sweets
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。