スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正論と暴論

ここ数日、知人と人間関係がおかしくなってしまった。

きっかけは・・・わからないが、何だか凄いひどいこと言われたような気がしてイライラが爆発して、「もうあんたとはやってけねえよ」という状態。

偶然にも今晩Mさんに「軽く晩飯でも」と誘われて、次第にお酒が入ってくるうちに事の大雑把なことを言ってみた。

大したことじゃないことで悩んだり、落ち込んだり、拒絶したり、そういうのを大体「心が病んでる」とか「心に余裕がない」という風に言う。そう言えば大体が的を得ていると大人になれば心得ている。

だけど、別に病んでないから。誰だって悩みがあるのなら、そんな一言で片付けられることじゃない。

それに対してのMさんの答えは驚き。

Mさん「しんいちはさ、ぎりぎり過ぎるよ。例えて言えば崖の淵に背を向けて立っているよう感じ。風が吹いても危なそうだし、誰かに咲き飛ばされたらすぐ落ちるような。だから近くの人、通りかかった人が、手を差し伸べてくれているとしても突き落とされるんじゃないかって誤解して拒絶しちゃってるんだよ。」

なるほどの例え。


こんな筋の通った正論を語ったMさんも、2時間後にはひどい暴論が。

なぜかゲームの桃鉄の話になり、

わたし「桃鉄は終盤にいくらでも逆転できるからね」

Mさん「いや、変なカードとかいらないよ、有利な奴はもっと有利になって不利な奴はもっと不利になるほうが断然いい。キングボンビー??オレに付いたら電源切るよ」

わたし「(ゲームなのに厳しいなぁと思いながら)え?コンピューターとやってるときでしょ?」

Mさん「いや対人でも消すよ」

わたし「・・・・笑」

なんて暴論(笑)さっき正論を言った同じ人とは思えません(笑)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Mさん良い人だなぁ。
後半のやり取りは面白かった笑

人の心

人の心の中は本当にわからないし、もしわかってもどうしようもないし、もし変えられるとしてもそれでは自分は納得できないなと最近は思います。今まで他人がどう思っているかすごく不安でした。猜疑心、疑心暗鬼、きりがないですね。いやですね。
以前シンイチ先生(将棋の上では神様と思うのに変わりはないですが)が降級点を心配されていましたが、数字上0%であると知りました。棋士レーティングというインターネット上のページです。私は見てほっとしました。よかったら一度見てください。(これってアダルト宣伝が載ってるので婦女子には見せられませんが。)
私は数字なら、信じられるし、そのまま受け止められます。
ところで今日女流名人位戦観戦してきました。大盤解説で78手目78竜でなく、58歩はどうかと進言したのですが、勝負を左右したかも知れない一手だった様なので、すごく興奮しました。やっぱり将棋は楽しいなと思いました。

No title

52Mさんも女流名人戦大盤解説観戦されていたんですか。
私も最前列の真ん中でかぶりつきの応援をしていました。
やはり、78手目で4四金と銀にぶつけたら清水さんに勝算があったかもしれませんね。出雲で清水さん持ちの人は少数と思いますが、明らかに清水さんがうまく指されていたので、里見名人の神がかり的な大逆転に感動しました。
どんなに劣勢に立たされても諦めることなく戦い続けることで勝利を手繰り寄せることができるんですね。もちろん、日頃の精進があるから出来ることですが、流れを呼び込む人徳があるのでしょうか。

慎一さんもまだまだこれからです。
あまりぎりぎりに追い込まず余裕を持って楽に将棋が指せるように願っています。
正論と暴論。なかなか面白いです。
人の心は時によって変わるからどちらにも成り得るんですね。

Re: No title

きぞく>コメントありがと!
風邪流行ってるみたいだからお大事にね!
Mさんとあの武器持って戦うハンターみたいなゲームやったらどうなるんだろうね(笑)

Re: 人の心

52Mさん>コメントありがとうございます。
確かに数字なら信じられますね。だけど数字だけ信じる人間にもなりたくない。。
そんなんだから傷ついたり転んだりして前に進んでいくんですね。
女流名人戦観ました、熱戦でしたね。里見さんが67の銀を捌いて67角を狙っていたのはキレありましたねぇ。後手からすると、あんなにも銀冠って遠いのかと思わされました。

Re: No title

鳥取の田中さん>コメントありがとうございます。
今の里見さんは強くなってる進行中ですね。
どんどん振り飛車の味が広がってるし、時間の使い方なども上手になってますし。
しかしまだ始まったばかりで、今後もお二方の対局は好局になりそうで楽しみです。

そういえば、地元でタイトル戦やるっていうのは、棋士としてこれ以上ない喜びでしょうね!
プロフィール

月下のシン

Author:月下のシン
2008年10月1日付けで棋士となった佐藤慎一です。
気づいたら早いもので4年目に突入!
宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Love Clock
グラフィカルとけい
Sweets
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。