スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対局結果と告知と大晦日

まずは対局結果からー

12月19日の竜王戦6組、上田女流三段との対局は勝ち。こちらの将棋は1月1日~8日まで(2日は休刊)読売新聞朝刊の将棋欄で紙面に載ります。どんな将棋だったか、同じ人と年3回も対局したことなど(しかも女流ですから)、是非見て頂けたらと思います。

12月27日の棋王戦、加藤九段との対局は負け。
せっかく加藤戦先生と指せるのだから矢倉でいこうと意気込んで行きましたが空回り。右四間飛車から一方的に攻められる展開で押し切られました。対局に臨むにあたって「ネクタイでも負けないように」なんてこと考えて(笑)、派手なのしてったのが良くなかったですか。
今年最後の将棋が不出来な負けだったのと、大先輩にだらしない将棋を指したことに残念でした。


明日31日は大晦日、船江くんのリターンマッチが行われます。
対局後には船江くんと会う約束もしました。大晦日だから電車が詰まないのもいいですね。
2人だけで飲むのもいいですが、仲のいい棋士も誘っておきました。
そしてそのまま年越しを迎えることになりそうです。


最後にもう一つ、告知です。
1月1日元旦の東京新聞朝刊に、自分と山本一成さんの記事が載ります。
社会欄で大きく取り上げてもらえるそうなので、是非読んで頂ければと思います。

なのでまとめると、元旦は読売新聞と東京新聞の朝刊ですね(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

うまい酒を

フナエモンと最高に美味い酒を飲んでください!
あのタイミングで共に闘った者しかわからない想い、体験というものがあると思います。
まさに戦友というのがピッタリですが、さらにサトシンとフナエモンは電王戦がなかったら仲良くならなかったかもしれないんですから運命を感じます。
船江さんは相当なプレッシャーがあったでしょうが、雪辱を果たすことができて本当に良かったです。一丸さんも相変わらずナイスガイでした。

No title

ふなえもんおめ!今晩は佐藤さんと美味い酒を呑んでください!

やはり第二回電王戦でも中終盤に時間が十分残ってたら
佐藤さんと船江さんは勝ってたんだ!
長時間ならまだまだソフトよりプロの方が強いんだ!!
GPSは・・まあ・・クラスタは物量作戦でずるい気がする・・

No title

あけましておめでとうございます。船江先生との祝杯は如何でしたでしょうか。
私も、昨日はいい年越しが出来ました。佐藤先生におかれましても、今年一年いい年でありますように。

元日の東京新聞記事

元日の記事を拝読いたしました。電王戦が人間とコンピュータの関係についての記事の題材として取り上げられたことに意外な驚きを覚えるとともに、人間とコンピュータの関係の未来について一石を投じたと言って相応しい企画であることをあらためて思い起こしました。

あけましておめでとうございます。

大晦日、ずっと応援してました。会社の掃除ほっぽらかして家で白熱してました。夕方には終わりそうなもんで、なかなか出発できませんでした。
 船江先生の勝ち方はすばらしかったです。第2回電王戦、最初さとしん先生が負けて、プロチームが負けて、タッグでサトポナチームが勝って、そして年末にリベンジ成功・・・出来すぎたシナリオですねえ。現実は小説よりも奇なりですね。

 将棋世界を毎月買うようになったし、後ろのほうの順位戦の勝敗チェックするようになったし、自分自身もアマ初段とってしまったし・・・今年も将棋だ!

おめでとうございます

電王戦、いいものを見せてもらいました。
第2回の各先生とコンピュータとの熱戦、
タッグマッチのサトシン先生の3連勝、
リベンジマッチの船江先生の勝利、
どれを取っても、感動の勝負でした。
少年の頃より将棋を好んでいた私ですが、
改めて棋士の先生方に魅かれるようになりました。
どうぞ、本年もますますのご活躍をお祈りします。

No title

ひふみんも強いですね! サトシンもがんばれー!!

加藤先生に将棋を新たに教わる事が出来るなんて素晴らしい話です。
プロフィール

月下のシン

Author:月下のシン
2008年10月1日付けで棋士となった佐藤慎一です。
気づいたら早いもので4年目に突入!
宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Love Clock
グラフィカルとけい
Sweets
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。