スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電王戦タッグマッチ

31日に行われた電王戦タッグマッチ、ご視聴頂いた方々、ありがとうございました。
結果は優勝というもので、戦前には思いもよらない結果でした。
今は暗く覆われていた雲がどっかにいたような気分です。


しかしながら出場するにあたって、実は色々と考えることがありました。
ペア将棋、持ち時間切れ負け、電王戦出場棋士5名でのトーナメント、一日での詰め込み度。

何故5か月前に負けた自分が出るのだろうか。
寝れず食えずの日を経て、どうしてペア将棋で戻ってくるのだろう?

切れ負けルールって、コンピューター大会そのものだからコンピューター主導ということなのだろうか。
だとすればそこにある将棋は一体誰が指したものだろう?

初めての試み、お祭りみたいなものだから気楽に楽しんでやればいい。
何故そうやって割り切れないのだろうか。

全身全霊で挑んだ電王戦で負けたことによって、将棋を楽しむ気持ちやポジティブに生きていく気持ちすらも無くしてしまったのだろうか。


暗い雲が、心を覆い尽くして光を失わせてた。


将棋を指す前、決めたことがある。

自分の指したい手を指す、コンピューターの一番点数の高い手を選ぶことはしない。

それで負けたら、「自分のせいで負けました」と言えばいい。

負けるなら人間らしく綺麗に斬り合って負けてやる、そんな風に割り切って対局に挑みました。


そしてその3局の中で、全く思いもしてなかった山本さんとの助け合い、信頼、自分の手、ポナンザの手、そして楽しさを見つけていました。


その辺のことは次回に図面付きで解説します。

どうしても書いておきたい、決勝で誰も指摘や話に上がらなかった三浦さんGPSチームの指した一手があるのです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

優勝おめでとうございます。
電王戦ではプロ棋士にとってはつらい結果に終わりましたが、電王戦タッグマッチで一番人間らしい将棋を指していた印象がある佐藤先生が優勝されて感動しました。

おめでとうございます

優勝おめでとうございます。
電王戦は最初からずっと見てました。
タイムシフトで繰り返し見て、佐藤さんと山本さんが真剣に勝ちを目指して戦う姿勢が本当にすばらしいと思いました。
電王戦はゴルフのようなもので、ポナがクラブ、山本さんがキャディ、そして佐藤さんがゴルファーというように感じました。

第二回電王戦で初のプロ棋士敗北から汚名返上となる優勝本当におめでとうございます。
当日のニコファーレ観覧抽選に漏れてしまったため、PCの前より朝からすべての対局を見させていただきました。
決勝戦では中盤以降若干劣勢のまま三浦九段と30秒将棋になった時は段位の差が出て来てしまうかと思っていたのですが、見事な逆転劇でした。
私自身が将棋にあまり詳しくないのでどの手が起死回生の一手だったかを言う事はできないのですが、息を飲む戦いでした。

おめでとうございます!

みうPSとの決勝戦を観戦して、「凄いものを見た」という感想の一言です。
第二回電王戦の時もそうでしたが、「将棋はとことん奥が深い、だからこそ面白い」と思いました。
誰が見ても片方が優勢になったからと言って、そのまま勝てるとは限らない逆転のゲーム。
この優勝はサトシン先生の今後に必ず生きると思います。

プロ棋士としてソフトに初めての敗北→その相手と手を組んでトーナメント表の一番下から3連勝しての優勝という劇的な結末に、相変わらずドラマチック男だなと。
あの時は涙が出ましたが、今回はただただ興奮していました。
本当におめでとうございます^^

おめでとうございます

早くGPSと三浦さんの話が見たい!

No title

電王戦タッグマッチ優勝おめでとうございます!戦前はいろいろ複雑な思いがあったとのこと、お察しします。タッグマッチ戦では、その落ち着き、不屈の姿に心底感服しました。こんな棋士がいたのか、といっぺんにファンになりました。あなたは最高に格好よかった!

素晴らしい

コンピュータと指すことで、コンピュータの凄みと共に、人間の素晴らしさも浮き彫りになったように感じています。

それにしても‥、慎一さん、カッコいいわ。ホント、電王戦で棋士という職業の人間にもスポットライトが当たって、これから将棋人口も増えるでしょうね。


対局も普及も頑張って下さい!

No title

かっこよかったです!
お疲れ様!

タッグマッチの前は色々と複雑な気持ちがあったようですが、
今は清々しい気分のようですね。
それが分かって良かったです。
私達が楽しんで感動しても、佐藤先生が素直に喜べなければつまらないですから。
次の更新も楽しみにしています。

おめでとうございます

今回のタッグマッチ決勝戦、長い劣勢の時間を乗り越えての逆転には本当に興奮しました。
森内名人も興奮していたのが印象的で、何万局と将棋を見てきた名人の心をも打つ素晴らしい対局だったのだなと思います。

対局後のインタビューから推察しますと、三浦さんはどちらかというとコンピューターに任せ気味で、佐藤さんにはコンピューターが指すのではなく自分が指すのだという強い意志を感じました。
その強い意志で最強のコンビを負かしたというところに感動を受けました。
第二回電王戦の時もでしたが、佐藤さんの魂がこもった対局姿には胸を打たれます。

これからもご活躍をお祈りしております。

No title

すばらしい!
佐藤さんは、終始一貫自分を信じていたんですね。
それで結果がどうなろうと構わないと。
その確固とした芯に、ポナンザのスパイスが加わって、さらに強くなったということですか。
それが勝因なのではないかと思います。
それにしても、三浦さんとGPSの指した手、気になります。
どうもありがとうございました。

No title

優勝おめでとうございます。すっきりしたものがあったとのことでよかったです。


以前、「相手の手を一手一手消していく」ような指し方をしたいとおっしゃっていましたが、今回もそのような方針だったのですか?

優勝おめでとうございます

いやーほんと素晴らしい戦いでした。面白かったです
佐藤さんと山本さんが全チームの中で一番よく話し合っていて、チームとして素晴らしかったなぁと思います

ソフトに丸投げするでもなく、ソフトを無視して一人で指す訳でもなく、プロ棋士とコンピュータ将棋の共生を具現化したという意味でも素晴らしい将棋を見せて貰いました。

佐藤さんが一番それを出来たのは、第二回電王戦での敗戦があったからこそではないかと思いますし、その敗戦を見事に昇華して人とコンピュータの力を存分に発揮して優勝したことに感動しました。

No title

どこまで馬を好きに走らせるか
またどこで手綱を引くか
人間対機械には違和感あったけどこれは面白いと感じた
機械と人の正しい関係上での競技というか…そんな印象を受けました
発展していけばF-1やWRCみたいになっていくのかも知れないですね

面白かったです

プログラマー

ponanzaが強いってのもあるでしょうけど、それより将棋が好きなプログラマーと組めたというのがラッキーだったのかなーと見ていてなんとなく思いました。

No title

先生の将棋に勇気をもらいました。
優勝おめでとうございました!

No title

前回失礼な書き込みをしてしまいましたが、この記事を見てこちらの心も晴れました。
開発者の方も含めた見事な連携、そして慎一先生の手がここぞという場面でバッチリ決まり、勝利を掴み取ったように見えました。
お疲れ様です。

No title

本当に見ていて強いと思いました。
佐藤先生とポナンザ両方の弱点がなくっている感じでした。
補完しあえたんですね多分。

おめでとうございます!

電王戦タッグマッチ優勝、おめでとうございます!

前回の日記を読んで「気楽に楽しんでやればいいのに」と思いましたが、
まさかまだ暗い雲に覆われているとは思いませんでした。
それが晴れたのは嬉しいことですが、勝ったから晴れた、もし負けたら
晴れていなかったとしたら、メンタルコントロールの観点からすれば、
まだまだかなと思います。生意気なことを言ってすみませんが、
期待の裏返しだと思ってもらいたいです。

「自分の指したい手を指す」というのは、
勝利する上においても正解だと思います。
コンピューター将棋は、時間の短い将棋でも、人間より遥かに多くの
局面を読めますから、悪手を指しづらく、実践的には強いですが、
最善手を追究する能力は、まだまだプロ棋士の方が上だと思います。

だから、ソフトの候補手からプロ棋士が選ぶのが最善だと思いますが、
モニターを見ると、探索局面数と最善の候補手の読みしか見れなくて、
他の候補手が見れないのが実に残念でした。
これではソフトと組む効果が非常に少なくなり、自分の指し手を
優先したサトシン先生が優勝したのは、むしろ必然と思えるぐらいです。

以前このブログで、点と線の話がありましたが、線で読めている限りは
プロ棋士の指し手はかなり正確で、時間が無くて読みが点からのスタート
になってしまう場合は、ソフトが指した方が強いと思います。
だから、最善手が見えている時は、自分の選択を信頼するのは、
理論的にも正しいと思います。

だから、今回の電王戦タッグマッチは、ソフト側の規定と、プロ棋士が
ソフトを有効活用する意味において、まだまだ改善の余地があります。
でも、イベントとしては大成功で、非常に楽しかったです。

No title

おめでとうございます。
しびれましたよ!!

見事な優勝、おめでとうございました!

私が今回の興行で印象深かったのは、
序戦では手探りの中の和気あいあいとした雰囲気で、
「イベント将棋の一環」という印象だったのですが、
それが決勝戦になって立派な「対局」となっていたことでした。

ブログを読ませていただいて、
最初は「あくまで人間の手で勝負する」と考えられていた佐藤さんが、
3局の中でコンピューター将棋としての楽しみを実感して変化し、
あそこまで見事なチームワークと棋譜が生まれたのだと、感銘を受けました。

まるで米長前会長が言われていた「共存共栄」の精神が生まれる過程を、
1日のイベントを通じて体感できたかのようでした。
そして、人間としての誇りを持ち続けた佐藤さんは素敵でした。

素晴らしいイベントをありがとうございました!

優勝おめでとうございます!

おめでとうございます!!
電王戦は残念なことに終わりましたが、過去は変えられないし、未来を変えていくほうがすばらしいことだと思いました。

これからも応援していくので頑張ってください!

割れんばかりの拍手

画面の前でこちらも手を叩いてしまいました、、、
初めてコメントさせていただきます。
前回の電王戦からとても注目しており、
今回の企画も非常に楽しみに昨日を迎えました、
決勝戦は言葉にならないほどのすばらしい対局でした。
途中佐藤先生が巻き返してきたときは思わず手を合わせて「頑張れ」と祈っていました。いろいろ思う所もあり、唯一の感情だけではなかったように察しますが、すべてが終わったとき会場と中継画面を包んだ一番の拍手は本物です。間違いなく今年一の感動をくれました。今回の結果を笑顔で喜ばれることを願っています。
感動をありがとう88888888

しびれました

56歩~43歩。
心から感動しました。
久しぶりの感動でした。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

第二回の電王戦の時、負けたにしても本当に素晴らしい対局だったと思います。序盤の劣勢を挽回する素晴らしい手を何度も見させてもらいました。終盤は時間に苦しめられて逆転負けにはなってしまいましたが、プロの輝くような手を何度も見せてもらい本当に感動しました。

コンピュータに負けてしまったことでメンタル的にはズタズタになっていたのでしょうが、それを克服できたからこその現役名人も探しえなかった最高の一手を生み出せたんじゃないでしょうか!

佐藤先生ここからどんどん勝ってタイトルを取るような棋士になってください。

先生の将棋に本当に感動しました!興奮しました!涙しました!

おめでとうございます!

前回の結果から今回の結果という数ヶ月スパンの大きな流れはもちろんのこと、決勝の一局だけを見てもあまりにドラマチックな大逆転展開に見ていて魂が震えました!まるで漫画みたい!すげー!WBCのイチロー並!

サトシンのあの日の将棋は全部がよかったと思いますが、やっぱり決勝戦のギリギリの勝負どころで指した3八金や5六歩や2四歩という手。これらがことごとく妙手だったことがすごいと思います!

特に5六歩は神が降りてきたんじゃないかというほどの衝撃でした。GPSもponanzaもそして森内名人でさえ見えていなかったあの手が指せるなんて!あそこから最後までは確かにサトシンがあの場で一番強かった!ponanzaよりも、森内名人よりも!そりゃ優勝するはずやで!

ponanzaの推奨手ではなかったとのことで、評価値が悪くなるのかと思いきや…あそこからponanzaの数値もグッとよくなりましたからね!GPSも参りましたって感じでどんどん悪くなって!コンピューター将棋界でもトップの両ソフトに「もっといい手があるよ」と教えられるプロ棋士の実力!半沢直樹以上の痛快さを感じました!おめでとうございます!

今回の電王戦でのサトシンを見て、羽生さんの座右の銘を思い出しました!一時的には大変辛い思いをするときだってありますが、やっぱり最後は「運命は勇者に微笑む」んですね!

これで世間の評価もずいぶん変わったことでしょう!もはやサトシンはただの敗者ではないのだ!名人をもうならせ、彼がワクワクするほどの将棋が指せる(解説で「今年一番の名局じゃないか」と言ってました!)、確かな実力を持った男なのだ!トップレベルの知名度、そして人気棋士の仲間入りおめでとうございます!これからも応援していますので、是非がんばってください!

No title

優勝おめでとうございます。
職場から見ていたのですが、仕事に手が全くつきませんでした(笑)

1回戦も面白かったのですが、やはり決勝戦。間違いなく今年一番熱くなりました。見ていて思ったのですが、佐藤先生も何かが燃えていたのではないでしょうか。

将棋の歴史に残るかどうかはえらい人が決めればいいと思いますが、自分の中での歴史には確実に刻み込まれる一局でした。

もし、自分が子どもで、佐藤先生の将棋教室に行っていたとしたらきっと言うと思います。
「僕の先生は最強なんだ」
と。

No title

優勝おめでとうございます。
職場から見ていたのですが、仕事に手が全くつきませんでした(笑)

1回戦も面白かったのですが、やはり決勝戦。間違いなく今年一番熱くなりました。見ていて思ったのですが、佐藤先生も何かが燃えていたのではないでしょうか。

将棋の歴史に残るかどうかは偉い人が決めればいいと思いますが、自分の中での歴史には確実に刻み込まれる一局でした。

もし、自分が子どもで、佐藤先生の将棋教室に行っていたとしたらきっと言うと思います。
「僕の先生は最強なんだ」
と。

No title

優勝おめでとうございます。は、前回書いたので・・・

①佐藤先生の勝因は、「コンピュータ(と山本氏)を信頼し、かつ信用し過ぎないこと」にあったような気がしています。
 コンピュータの強さを知り、かつ「負けてたまるか」という思いがあればこそ。寝れず食えずの日があったからこそ、優勝という結果を勝ち得たのだろうと考えております。
 山本氏と相談されるお姿、とても格好良かったですよ!あの日あの瞬間は、A級棋士や時の名人すら上回る気迫を、画面越しに感じていました。

②決勝戦の終盤で、コンピュータの差し手を上回る読み筋を何度も見せられた事には、正直びっくりしました。
 「まだまだ人間、行けるぜ」
 そう視聴者に思わせた事は、佐藤先生の残された大きな功績のように思えます。
 今回の優勝は、紛れも無く佐藤先生の地力です。

③教え子さん達にとって、佐藤先生は憧れです。ヒーローです。
 そして(非公式戦とは言え)今回の優勝は、立派なタイトルです。佐藤先生や連盟が認めなくとも、あの日観戦した視聴者は、きっと誰もがそう思っています。
 結果を卑下する事無く、胸を張ってください…と言ってもこの辺りは既に消化済みのご様子ですねっ。


追伸:図面解説、凄え楽しみにしてます!

男だな!

しんいちさん
おめでとう!!
あなたの英断もさることながら、魅せる将棋に感動しました
これからもエールを送りますね(⌒▽⌒)

No title

優勝おめでとうござます
今後はありとあらゆる分野でコンピュータは人間を追い抜いて行くでしょう
将棋にとってそれは今で、まさに将棋の転換期だと思います
しかし、その転換期において負けるリスクを負わずに勝負に行った
そして見ている人を感動させ、共存共栄の道を歩んだ

米長前会長の判断はとても素晴らしいものだと思いました
米長会長が仰った「ファンのため」

この心がある限り将棋が廃れることはないでしょう
今後はコンピュータの新しい手法を取り入れ
将棋はどんどん進化をしていくと思います

電王戦はとても素晴らしいものでした
将棋は娯楽でありますが、それを突き詰めた棋士の姿
私は感動し、将棋ファンになりました
今後も楽しみです
佐藤先生もがんばってください

おめでとうございます。

電王戦タッグマッチ、優勝おめでとうございます。
決勝戦を拝見してとても感動しました。
それまでの対局では対局者から白い歯が見えたりして、本来の将棋とはまた違うゲームのようなものだなと思い、それはそれで楽しんでいましたが、決勝戦は違いました。
特に秒読みになってからは、まるで棋士同士が対局しているような、人間が死力を尽くして盤に向かう姿がありました。
佐藤棋士のその必死な一手一手に、またその姿に感動しました。
きっと普段から応援している子供たちも感動したのではないでしょうか。
この勝利をステップに更に活躍されることを祈っています。
かっこよかったです!

No title

優勝おめでとうございます!!

決勝戦の感想戦で、サトシン先生のテンションの高さを始めて見ました!!

No title

素晴らしい将棋を見せて下さり、ありがとうございます。
これだから、将棋は、面白い。

本当におめでとうございます

電王戦、名前だけは聞いたことあったものの、今回関連する生放送をたまたま見る機会を得ました。
夜出かける必要があり、最終結果は帰宅後のタイムシフト視聴であったにもかかわらず、一人家で大きな拍手をしてしまうほど、興奮、感動して対戦を見させていただきました

最後、解説時の憔悴しきったサトシンさんと、前回負けた時のブログを見て、どんな心境なのか、複雑でしたが、今ここで改めて、楽しさを見つけた、との言葉を聞き、すごくホッとしております。

結果だけでなく、今回の大会の過程もふくめて、サトシンさんの努力、つらいことも含めた経験が、よい結果をもたらしたと思います。

とてもすばらしいものを見させていただきました。

将棋、またやろうと思います。

No title

優勝、おめでとうございます!
優勝までのストーリーはドラマチック。

今回の戦いにおいて、一番ベストな戦い方をしたのはサトシン先生だったのかな、という感じで見ていました。

コンピューター(機械、ロボット含め)は、人間の生活の一助となる存在だと私は考えています。(前回のコメントにも書かせていただきましたが)

ポナンザが導き出した候補手には、先生が考えてもいなかった候補手もあったかもしれないし、その逆も合ったかもしれません。
相棒の意見を聞きつつ、自分で決断して最後まで指した結果が、優勝に繋がったのではないしょうか。
上手く表現できませんが。

電王戦の負けから今回の優勝までの流れは、きっと神様からサトシン先生がパワーアップするために与えられた試練だったのかな・・・なんて思っています。

パワーアップされたサトシン先生の、今後の快進撃を遠くから応援させていただきます!

ほんとにおめでとうございます!佐藤さんの人間性が現れた将棋だと思います。とても見ていて楽しかったです。

優勝おめでとうございます。
電王戦以来サトシン先生の応援をずっとしています。心から感動しました。

本イベントでサトシン先生の大局感が非常に優れているのが分かりました。決勝戦終盤でGPSを人間の手で逆転したのは、将棋界にとってとても大きなことだと思います。

今後の対局でも今回のような活躍を期待し応援し続けます!!

No title

優勝おめでとうございます!

もう熱い試合ですごい興奮してしましましたよ。感動しました。
将棋についてはあまり詳しくない自分でも
これからちょっとやってみようかなと思ってしまったくらい。
機械に完全に頼らずプロ棋士のプライドで打つ姿はとてもかっこ良かったです。
もうファンになってしまったのでこれから応援させて下さい!笑
本当にお疲れさまでした!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

 とにもかくにもおめでとうございます。
外からの言葉では納得できないことも、自分自身のなかでは腑に落ちないことも、色々、諸々、沢山沢山あるかもしれません。
でも、外野として見て感じたことは、

応援してました。
おめでとうございます。
嬉しかった。

ということだけです。

自分で指した手が全部巧手とかまじすげぇ。。。。

佐藤さん、歌もうまいけど、俺は歌好きだから歌は負けねぇw

No title

カッコ良すぎる・・・
悔しいほどにカッコ良すぎるぜ!!!

No title

涙がでました。

本当におめでとうございます。

おめでとうございます

優勝

本当に凄かったです。


棋士とコンピューターの
共存共栄としても
意味ぶかい
イベントでしたね。

そして、いま
しみじみ思うのは。

<span style="background-color:#FFFF00;">佐藤慎一</span>先生は
これからも続いていく
将棋の歴史に

名前を残していく
方なんだなぁ…と。


<span style="background-color:#FFFF00;">佐藤慎一</span>レジェンドは
まだまだ
はじまった
ばかりですね。(^_^)

優勝おめでとうございます!

優勝おめでとうございます\(^ー^)/

特に、第三局目の逆転勝利は心に残る名勝負で、将棋の奥深さを堪能いたしました。
時間のない中、指された56歩・24歩という指し手は、まさにプロ棋士の渾身の一手という感に溢れていましたね。

コンピューターと人間のタッグマッチという前代未聞の試みでしたが、想像以上に楽しく素晴らしい将棋になりましたね。
これを機にますますのご活躍を祈念いたします!

No title

「初代電王」は、佐藤先生とポナンザのペアが名乗るのが
一番ふさわしいと思いました。

本当に素晴らしい戦いでした。ありがとうございました。

優勝おめでとうございます

決勝戦、三浦GPS組の絶対負けませんと言ってるような指回しで、解説の名人も勝負は決したかのようなコメントが出てからの粘り、逆転、最高に面白かったです。

名人が今年の名局賞候補ですねと言われてたのも対局のレベルの高さを物語っていたと思います。

本当におめでとうございました!

No title

優勝おめでとうございます。自分はPCの前で見ていましたが佐藤さん以外の棋士の方々(特に船江さん)も対局以外では表情を崩していたりして柔らかい雰囲気のようで見ていてとてもほっこりしました。

No title

ああ、スッキリした!

優勝おめでとうっていうか、優勝ありがとうって感じ。

プロフィール

月下のシン

Author:月下のシン
2008年10月1日付けで棋士となった佐藤慎一です。
気づいたら早いもので4年目に突入!
宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Love Clock
グラフィカルとけい
Sweets
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。