スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対局結果と電王戦ペア

27日の竹内四段との順位戦は角交換ダイレクト向い飛車から▲65角と打った将棋から力戦となり、結果は117手で勝ち、終局は0時39分でした。

順位戦は連敗からようやく1勝。本局は負ければ地獄、勝っても水面にはまだ遠くという状態でしたが、水面まで浮上するには自分で勝って星を戻すよりなく、引き続き強い気持ちで臨めるようにしたいと思います。



もう皆さんご存知かと思いますが、8月31日(土)に電王タッグマッチというものに自分は出場します。

将棋とは、自分と相手の1対1の勝負であり、勝負と指し手の責任は自分一人が背負う、だから盤上では自由であり逃げ場もないものです。


将棋は、弱くても、プロアマ問わず、自分で考えた手を信じて指す。読み切れないこと、先が見えなくても決断する。決断するための勇気というか、一手一手に労力を使うから、その先の展開や勝敗に一喜一憂できる。

後で芸術的と言われる棋譜も、そのぎりぎりの応酬が何十手も続くことで作られる。それが全て最善手で尽くされた棋譜かと言うと、それは違う気もする。


将棋大会に出て、優勝して嬉しくない人は誰もいないだろう。
でももしそれを恥ずかしいと思うことがあるとするなら、それは他人の力を借りたときだろう。



今回は新しい試みということで、自分もそうですが見て頂ける皆さんにもいつもの将棋とは違った部分で楽しみをみつけてくれたらいいのかなと思います。


江戸時代から続く伝統文化、自分はそういうものが好きです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

さとしん先生、ボナンザと共に優勝お願いします!

No title

なんとなく電王戦ペアって
二人羽織みたいなイメージ。
息が合わないと無茶苦茶になりそう。


No title

今回の企画は、ドワンゴ側からのたっての希望で実現したと聞いております。
盛り上げ方を知ってる知恵者だなあと感服しました。
あまり深刻に考えずに女流棋士とのペア将棋みたいな感覚で楽しんでもらいたいです。
もちろん、この企画が盛り上がるためには各棋士がいつもの対局のように真剣に指してもらわないといけないでしょうが、旧敵と力を合わせるというドラゴンボールのノリでいいんでしょうね。
でも、優勝目指して頑張って下さい!

No title

引き受けるの嫌だったでしょう。全然嬉しくないですよね

しかし、やるからには、将棋の魅力を知ってもらって新しいファンの獲得のためになればいいなと思ってます

No title

タッグマッチって親善試合的な位置づけなんですかね?
真剣勝負だと思ってたからちょっと残念。

多分ですけどタッグマッチでも勝ったら嬉しいし
負けたら悔しいはずですよ。
私は船江先生との真剣勝負が見たいです。
つまり親友対決ですね。
抽選で対決できる相手を選べるなら
是非、船江先生をチョイス(笑)


No title

嫌々やるお仕事なんですね。

No title

棋士として譲れないものを持っていらっしゃるサトシン先生に惹かれます。
今、第二回のチームメイトである阿部光瑠先生が大活躍中ですね。
300局以上とも言われる習甦とのスパーが良い結果をもたらしているのでしょうか。
今後阿部先生と同じ、いえそれ以上に活躍されることを願っています。
タッグマッチでお姿を拝見できるのを楽しみにしています。

No title

たしかにプログラムは血の通わないものでしょう。
でもそれを作り上げるために開発者は心血を注いでいるのです。
文面から今回のトーナメントに思うところは大いにおありかとお察ししますが、対戦相手全員がプログラムを相棒とする戦いです。
佐藤先生のみプログラムを使えるのなら話は別ですが、そうではないのですから、初めから手を狭めるようなことはせずに、利用できるものなら利用してみてはどうでしょうか。

No title

電王戦タッグマッチ、人間がソフトを使いこなすことで、より将棋が強くなるのかどうかという点で、とても興味があります。

今回は、さながらF1のドライバーといったところでしょうか。
ソフトの読み筋を理解して、最短コースを走ることが出来るのは、プロ棋士の先生方しかいないと思います。

慎一先生が人類最速で駆け抜ける姿を見てみたいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

対局後に印象がどのように変わったのか?変わらなかったのか?
また、他の4名の棋士は、開発者5名はどのように考えていたのか?考えが変わったのか?
といったところの後日談も少し期待しています。

ニコニコ動画を見て、将棋自体に興味を持つという裾野が広がっているのは間違いありません。
サトシン先生の今回の対応も普及にすごく役立つと思います。

8/31は動画の前で楽しみにしてます。
あと、ギターも(笑)

No title

あんまり気が乗らないようですが、僕はこの企画楽しみにしています

実験的な企画ですし、良い結果になるといいですね。

賛否両論有りましょうが何事もやって見る姿勢は良い事だと思います。

No title

サトシン先生、こんにちは。

なんとなく、気乗りのしなさそうな文面に受け取りましたが、気楽に楽しんでみたら良いのではないでしょうか?
「俺はこう思う、おまえ(ポナンザ)はどうだ?」
みたいな感覚で。
機会(コンピュータ)が人間の生活の一助をしてくれる存在であるならば、
「ワタシノハジキダシタサイリョウテハコレデスヨ」
って、ポナンザもヒントをくれたりしてくれるはず。
それで新たな発見があればいいじゃないですか!
明日の対戦、サトシン先生が勝ち上がっていくことを楽しみにしています。

おめで

とう!!
しんいちさん、この調子で

応援してます

No title

今回のペア将棋楽しみにしています。
この企画は競馬に似ていると思いました。
コンピュータをプロ棋士がいかに勝たせるかということです。
各々のコンピュータのことを一番知っている将棋のプロが操るので、
コンピュータ将棋大会とはひと味違った戦いが見られると思っています。
見ている将棋ファンだけでなく、出場する先生方にも楽しんでやっていただきたいなと思います。

「モビルスーツの性能の違いが、戦力の決定的差でないということを教えてやる!」というシャアの名言がありますが、
GPSやプエラαを破って是非優勝してください。応援しています^^

No title

>でももしそれを恥ずかしいと思うことがあるとするなら、それは他人の力を借りたときだろう。

それは究極的には研究会の否定にもなりませんか?
森内名人も37銀を使っていますし、誰が指そうと良い手は良い手です。
深く考え過ぎなのでは?と思います。

No title

優勝願ってます

素晴らしかった!

おめでとうございます!!!
決勝戦の逆転、素晴らしかったです。
これから感想戦、楽しみ~(^-^)

お疲れ様でした。

素晴らしい優勝だったと思います。

感動しました。

No title

電王戦タッグマッチ,優勝おめでとう!あまり嬉しくて,ツイートしたよ!「プロ棋士として歴史上初めてソフトに負けた棋士が,そのソフトとタッグを組んで,9段に勝って優勝するというドラマ。将棋見てて涙が出たのは初めて。サトシンおめでとう!!今までつらい日々もあったろうに。サトシン,本当におめでとう! #電王戦 #電王戦タッグマッチ」 本当にドラマチックだったよ。感動をありがとう!

No title

5六歩
妙手でましたね!

No title

感動しました。

正直、決勝があそこまで接戦になるとは思いませんでした。

終盤接戦になったら、終盤に力を入れてないがポナンザ不利&評価見る時間ないので、勝機はないのではないかとか思っててすいません。

面白かったです。

No title

優勝おめでとうございます。
三浦先生とGPS将棋に逆転したことはすごいことだと思います。
前回電脳戦も観ていたのでいろいろなことを思い、勝敗が決したときは感動して泣いてしまいました。
これからも佐藤先生の活躍を期待しています。

No title

おめでとうございます!
正直、途中はダメかとも思いましたが
佐藤さんが指した歩が逆転の第一歩、というのが
すごく印象に残りました。
3局もやってお疲れでしょうが今夜は旨い酒を呑んでください。

No title

優勝おめでとうございます。

非常に感動しました。

これを機にますます活躍してくださることを祈っております

No title

佐藤先生、今日の対局拝見しました。
ソフトに任せきりにせず、我をしっかりと強く持っていた先生の優勝は偶然でなく、必然だったかと思います。
佐藤先生らのせいで土曜日が丸1日潰れましたが、ここ最近では最高の土曜日となりました。
素晴らしい対局と感動をありがとうございました。

No title

優勝おめでとうございます!
特に決勝は、年間対局賞に選ばれても何ら不思議の無い、素晴らしい力戦でした。

胸を張って教え子たちに報告してあげてください。
きっと子供たちの夢の糧になると思います。

No title

優勝おめでとうございます。

一度離されると厳しいと思っていましたが、サトシン先生の手から徐々に先手に触れて来ていたのは、とても感動しました。
本戦の方も、期待していきます!

おめでとうございます

電王戦タッグマッチお疲れさまでした。
本当に感動しました!

放送中でも少しだけ触れられてましたが、
対局中の開発者の山本さんとの会話、どんなことを
お話になってたのか、よかったら教えてください!

これからもがんばってください。応援してます。

おめでとーございます!

最後立ち上がって拍手してしまいましたわ。
こんな漫画みたいなことほんとにあるんですね;w;

No title

優勝おめでてとうございます。
電王戦以来ずっと先生応援しています、今後将棋界はきっと過去にないイベントが増えてくるのでしょうができれば先生に参加していただきたいと思います。
今後も先生の対局をいろんな形で見て応援させてください。

No title

優勝おめでとうございます!
久々燃えました!
カッコよかったです!

No title

サトシン先生、最後の対局凄かったです。
解説の中で森内さんでさえ、「今日は勉強になるなぁ~、今日は来てよかった」と言われておりましたし、べた褒めでした。
優勝インタビューで山本さんと不仲なところも最高によかったです。
片上さんのコメントでちょっと胸が熱くなってしまって、
こちらのブログでは、山本さんとの不仲について
笑える記事を待ってます。

「決断するための勇気」が凄い伝わってきた対局でしたよ。


先生、いつも感動をありがとう!

No title

まさか電脳戦タッグマッチでここまで感動するとは思っていませんでした。成銀を寄せて行った所も、素人ながらまず間に合わないだろう・・・と思いながら見ていましたが、やはり諦めなければ可能性は残るんですね。
最近将棋を好きになったばかりの素人ですが、自分にとって忘れられない1局になりました。

No title

おめでとうございます!
勝ったということは、当然ブログ更新ですね!?
終盤はCOM任せになるのではと思っていましたが、
佐藤さんの手がビシビシ決まっていたのが凄かったです。
良い物を見させていただきました!

No title

おめでとうございます。

名人が「これで負けても仕方がないとあきらめれる」というような絶望的な状況を、粘って粘って最後の土壇場で大逆転勝利!

こんなドラマのような結末があるのでしょうか!

ほんとに感動しました!興奮しました!


決してエリートではない佐藤慎一棋士が、あそこいる最強のコンピューター2台とA級棋士と名人を超える手を指してくれたことにほんとに勇気をもらいました。

ありがとうございます。

そして改めて、おめでとうございました!

No title

優勝おめでとうございます!

なんかもう凄い将棋だったので思わず画面の前で声出しちゃいました。
終盤のとっさの閃きで勝ったって感じでしたね。最後の最後に人間の勘で勝利って本当かっこいいですね。

熱戦感動しました。

僭越ながら、伝統というものは変わっても変わらないものだと思っています。

いいものを見せていただきありがとうございました。

No title

三浦九段との名局せいで一日が潰れました
責任とって下さい(笑)

優勝おめでとうございます!

電王戦タッグマッチ

今日、バイトから帰ってきてたらちょうど、決勝やっててずっと見てました!いやぁー、あの状況から大逆転するとは・・・。
本当にすばらしかったです!!

優勝おめでとうございます!
さらなる活躍をずっと応援してます!!

本当におめでとうございました!!
俺たちのサトシン!!英雄です!

対局お疲れ様でした!

そして3連勝で優勝おめでとうございます!
最後は連戦で体力的にどうかな?と思いましたが、むしろラストの秒読みからの
「プレイヤーズハイ」にでも入ったかというような神懸かった指し廻しは圧巻の一言、思わずPCの前で拍手してしまいました。

対局が終わってからこの記事を拝見したのですが、恐らく「自分以外のモノの力を借りて指す」ということに対する葛藤は、どうやらお有りだったようですね。
しかしながら、ponanzaに頼り過ぎることなく自分の力を信じて指し、ponanzaの力を借りる部分も的確に自分で選択し、
そしてついには、COMの領域とされる終盤戦でCOMの読みを上回る指し手によって逆転するという今日の将棋の内容は、
単なる「人間によるCOMの適切な使い方」というのみならず
「COMとの対戦、共闘を通じた人間の進化」という
まさしく前会長がおっしゃった「共存共栄」という言葉を理想的な形で強く示したものだったように思います。

きっと本音ではサトシン先生乗り気じゃ無かったんじゃないかな、とも思うのですが、
終わってみればもの凄く意義深いイベントになったんじゃないかな。

No title

優勝おめでとうございます!
夜中の3時半ですが、今タイムシフトで見終わりました。

いやぁ熱かった!
感動しました!

将棋は元々戦争を模した物(多分^^;)。

今回は棋力に加え、チームワークや士気、そして何よりどっちを採用するかの司令官の采配が当然求められた戦いだったと思います。

ですから、このような戦いでも勝てるというのはとても素晴らしく、また本質的には通常の”勝負” ”将棋”からそうかけ離れた物でもないと思いますよ。


もちろん、本来の人と人との戦いの方も、応援しています!!

おめでとうございます!

中盤の粘りから終盤の寄せまで手に汗握る展開でとても面白い一戦でした!
今日は教え子の方達も喜んでるでしょうね~
お疲れ様でした!
そしておめでとう(*^▽^)/

感動しました!

佐藤先生の勇士拝見させていただきました。
とてもすばらしかったです。
特にソフトの聖域といわれている終盤に指された自らお考えになられた一手。驚嘆しました。

確かに、ポナンザがいたからあそこまでこれたということもあるかもしれません。でも、あれはたとえ偶然でも

正直、人間を圧倒しつつある将棋ソフト開発を続けることに意味はあるのかと思っていましたが、考えが変わりました。

私も、ソフトを超えるプロ棋士と組んで優勝してみたいです。

優勝おめでとうございます

遅ればせながら、優勝おめでとうございます
初敗北のときのブログの物凄い荒れ様に比べ、今回は静かなものですね
世間は無責任にものを言い放つもの、そして褒めるより貶す方が好きだということをまざまざと教えられているようです
ネット上の顔無き声にあまり振り回されることのないように、そして目に見える数は少ないけれど確かにある声援を力に変えて棋道に邁進されることを願っています
将棋教室で佐藤先生を慕う子供たちに笑顔を与える、そんな先生で居続けて下さいね

No title


正直佐藤四段の優勝は誰も予想してなかったと思うのですが、最後は会場の雰囲気まで味方につけて応援せざるを得ない終盤でした。

本当に素晴らしい将棋でした。自分には難しくて全てを理解できませんでしたが、エンターテイメントとして、最高の展開を引き寄せ、最高の役割を演じたと思います。



あの将棋を見ていた全ての人が佐藤四段を応援していたのではないでしょうか。お疲れ様でした。

No title

リアルタイムで全対局観戦しましたが、普通の対局とは全く違った雰囲気で色んな意味で楽しめました。
決勝戦は正に感動…佐藤四段の勝利が決まった瞬間思わず「やった!」と叫びPCの画面に拍手を送ってしまいました。
優勝おめでとうございます!

電王戦タッグマッチ優勝おめでとうございます!
あの秒読みに入っての劣勢からの逆転勝ちは見事でした!

No title

優勝おめでとうございます!名局賞の特別賞くらいあげてもいい内容だったと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

将棋世界の記事

 電王戦と別のことですが、将棋世界に奨励会の特集が載っています。
 佐藤さんのことも載っていて、良い記事でした。
 プロ四段になるのは、とても大変なんだなあ、と感じました。
プロフィール

月下のシン

Author:月下のシン
2008年10月1日付けで棋士となった佐藤慎一です。
気づいたら早いもので4年目に突入!
宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Love Clock
グラフィカルとけい
Sweets
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。