スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師弟

ここ数日、師弟というものについて考えていた。

自分のことを話すと、師匠に出会ったのが9歳のときで、師匠は現役引退間近、もうすぐ60歳というときだったかなと思う。親子の歳より離れていた。
将棋は奨励会に入るまで、4枚落ち~香落ちまで3年間教わった。ただ教室の会員ということで、他の会員の方と同じように月謝と回数券買って教わってた。
奨励会入ってからは、1局も教わることはなく、「しっかり研究しろ」と口すっぱく言われていて、自主性に任されていたんだと思う。ただ、奨励会に入ればもうプロの卵、自分でやらなきゃ絶対に抜け出せない世界なのはすぐにわかった。

将棋界はよその世界の師弟関係と比べて、技術的な受け渡しなどはほとんどないように思う。
あっても奨励会入るまでくらいで、その先は各々研究して強くなるしかない。
師匠と言えども、強くなるよう教えるのが難しいレベルになってくるとも言える。
また、弟子には自分より強くなって欲しい、そんな気持ちはあるから教えるということが良いのかどうかすらわからない。

身近な人の師弟関係を想い浮かべてみる。
師匠と仲良くお酒を飲んだりする間柄の方から、既に師匠が亡くなられている方まで様々と思う。


自分は今年、弟子を取ることにした。
一体どうすればいいのだろう?他の棋士の方より、教えられることが少ないだろうし。

弟子はいつまでも将棋に精進する覚悟を持たなくてはいけない。
師匠はどんなときも見続ける覚悟を持たなくてはいけない。

今はそれくらい、もっと自分も学んで成長しないと。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

英断

慎一さん、英断じゃないですか。必ず、ご自身の成長にもつながりますよ。人間的にも、将棋の技術的にも。素人ながら、そう感じます。地位は人を育てる、とも言いますし、今後ますます、さとしんさんから目が離せなくなります^_^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

前に棋界では師匠と弟子は二回しか対局しないという話もききました。しかし、その中でも故花村先生は自身の様な妖刀と呼ばれた指し回しではなく、しっかりした定跡型を覚えて欲しいと、お弟子さんと何局も何局も指導対局したとか……。

自分の持ってる感覚と異なる感覚を持つ人に教えるというのは、やっぱり非常に難しい事だと思います。教える以上は、それ以上に勉強もしなければならないですしね。将棋とはまた違うことではありますが、それを実感しています。

ですから、きっと慎一先生がお弟子さんを取るというのは慎一先生自身の向上にも繋がっていくのだ思います。

慎一先生のますますのご活躍を期待しております。

佐藤さんはまだまだ強くなる。
それに比べて三浦みたいな空気の読めない輩はフリークラスに行って貰いたい。

No title

昔の日記でおっしゃっていた
弟子にとるか迷っていたという
お子さんのことでしょうか?
最初から師匠な方はいませんし、試行錯誤でよいのでは
と、思う次第です。

米長さんは逆に弟子から教わってタイトルをもぎ取った事がありましたね~

No title

弟子、いいじゃないですか
技術的に教えることは別に無くても良いかと
弟子は恐らく師匠の考え方や生き様、そういうものを感じ取って成長していく事でしょう
それを生かして登っていけるような子でないと
3段リーグ突破なんて夢物語かと
平坦ではないサトシン先生の生き様は、それだけで弟子を成長させるでしょう
サトシン先生をなぞるもよし、反面教師にするもよし
最終的にはその御弟子さん次第かと
そういう意味で将棋は過酷で孤独ですね・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

月下のシン

Author:月下のシン
2008年10月1日付けで棋士となった佐藤慎一です。
気づいたら早いもので4年目に突入!
宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Love Clock
グラフィカルとけい
Sweets
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。