スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日の対局

先日の王将戦予選、豊川七段との対局では、振り駒で後手番を引き相掛かりの将棋へ。

後手番ながら突っ張った指し方をして、迎えた局面は35手目ながら、既に局面のバランスはギリギリ保たれているような感じ↓
(新規棋譜)35手

今▲8八銀と上がったところで、先手からは次に▲2四歩と▲7五飛の二つの狙いがあって、後手は2歩得してるとはいえ局面を収めるのは無理な状況。ただしすぐに▲2四歩には△3三桂、▲7五飛には△2八歩の反撃がある。△2三歩のような手は▲7五飛があって指せない。
実戦はここから△4二玉▲7七桂△1四歩▲3六歩と進み、先手有利に。△4二玉が悪手で、このような超急戦の場合は「居玉は避けよ」の格言はあてにならず、むしろ5一が一番良い位置だった。
ここは△4五歩!と更に強気に指すべきで、以下▲4四歩に△6五銀とする手があった。変化は異常に難しいうえ、玉が薄いので指しづらいかと思ったけど、相掛かりはもうこうなったら王様動かす将棋じゃないんですね。
ちなみに図で△4二玉よりは△6四歩の方が優りました、実戦ではこの二択でかなり考えて迷ってました。

中盤以降はノーチャンスでした。粘り利かないのも相掛かりですね(苦笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

相掛かりってプロで後手を持つ人あまりいない雰囲気ですが、そこにロマンを感じます。

自分が指すと、大抵よく分からないうちに勝負が決まってるという印象ですが(笑)
プロフィール

月下のシン

Author:月下のシン
2008年10月1日付けで棋士となった佐藤慎一です。
気づいたら早いもので4年目に突入!
宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Love Clock
グラフィカルとけい
Sweets
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。