スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白星

終局は23時09分、84手迄。

先手5筋位取り中飛車に後手のわたしが急戦で迎え撃って(超速と言われるる形に比べたら超遅ですが笑)迎えた下図。直前の手の流れが△13角▲47銀上△73桂▲68角という手順。後手が攻めを組み立て、先手が対応しているという流れです。


(新規棋譜)45手

ここで夕食休憩を含む51分の長考で△54銀としました。※
△54銀は第一感の手なのですが、長考したのは対して▲74歩と先手から打つ手が見えているからです。
▲74歩には
①△65桂▲66歩にa△74飛▲77歩△55歩▲67銀△45歩▲65歩△同歩が桂損対二歩得の展開で一例。途中△55歩では△57歩▲48飛△45歩も有力でこちらも並行して読んでました。
またb△55歩▲同銀△57歩▲同飛△65桂▲56飛△55銀▲同飛△74飛▲77歩。これは後手調子良く攻めているようでも歩損が大きく切れ。
②△57歩には▲48飛△65銀▲73歩成△同飛▲57角△56銀▲同銀△55歩の展開。これは後手の攻めが繋がるかどうか微妙。
かなり手が読める局面で勝負所だったので深く考えていましたが、悩んだ末に出た結論は「やってみなきゃわからん!」でした(笑)

とにかくここに至るまで△54銀と出るつもりで組み立ててきたんだから負けても出なきゃいかんなと思い指しました。

対して遠山五段の指し手は▲55歩。これは2番目の候補でしたが以下△65銀▲38金△43金寄▲77歩△52飛・・・と進み、後手の方が形が軽く持ち歩が生きる展開になりました。局後の感想戦でもやはりここは▲74歩と先手が勝負するところだったと感想がありました。

ちなみに実戦の最中、△54銀の局面で先手の遠山五段が駒台の歩を持ったので「やっぱりか(▲74歩か)」と思ったら、手が4筋くらいで速度が落ちて55に打ったので「そっちかー」と思わず言いそうになりました。
この辺はネット将棋じゃ感じることのできない、人間が向き合って行うことでできる楽しみですね^^


※夕食休憩含むは、休憩をまたいでと考えて貰えばわかりやすいです。実際は休憩中も考えていたので90分くらいは考えていました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

初投稿

以前より、ブログを拝見しておりましたが、コメントは初になります。本番前に白星をGET!
よかったですね。プロの意地、というよりは人間の威厳をみんなに見せつけてください。応援してます

素人意見ですみません。


図の局面からだと、54銀でなく57歩と叩きたくなりますが
これは、マズイ手になるんですか?

Re: 初投稿

えあぐるだすさん>初投稿ありがとうございます。
プロの意地、人間の威厳・・・いろいろ言葉はあるものです。
でもきっと勝ちたいと思う一番の理由は、自分の為になると思います。

Re: タイトルなし

ヒグマさん>コメントありがとうございます。
△57歩、筋ですね。わたしも考えました。また他の方にも同じような質問もらいました。
▲同角、△65桂、▲39角、△54銀、▲77歩・・・のように徹底的に受けられて、切れ模様になると思ってました。最後の▲77歩で▲55歩なら△45銀!が狙ってた一手(▲同歩に△57桂成で潰れ)なんですが、受けに徹されて自信なかったです。
プロフィール

月下のシン

Author:月下のシン
2008年10月1日付けで棋士となった佐藤慎一です。
気づいたら早いもので4年目に突入!
宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Love Clock
グラフィカルとけい
Sweets
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。