スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポイントの局面と敗因

昨日の王将戦予選、橋本八段との将棋は携帯中継もして頂いていました。応援して観戦してくれた方々、ありがとうございました&すみませんでした。

振り駒で後手番を引き、先手橋本八段の三間飛車に後手がイビ穴で対抗。こちらが「居飛車の税金」と言われる飛車の近くの端歩△94歩を省いたことに、「許さん!」と先手が仕掛けて戦いが起こりました。
両者1分将棋、134手目、既に二転三転の末迎えたのが下図↓

(新規棋譜)133手

後手玉は王手の掛からない形、いわゆる「ゼ」の形(絶対詰まないの意)。それどころか次に▲32歩成とされても△同竜で、竜の力が偉大でこれまた詰めろも掛からない「2手ゼ」の形。
なので寄せに専念できる局面、後手勝ちから入りたい。事実対局中は勝ちがあると思って指していた。何か「これ!」っていう寄せの筋が見えれば、閃く一手、寄せの構想が見えれば・・・。

実戦はここから△25香▲27銀△同香成▲47角△同角成▲同金左△26銀▲45角・・・。
明快な寄せが発見できず食い下がる順を選んだものの、最後の▲45角が絶品で寄せきることができなかった。

終局後、真っ先に自分の口から出たのは「寄りあったよね?」という言葉。
はっしーにすぐに図の局面を指摘され、ここで△38竜▲同金△37歩▲同銀△49銀▲47角△同角成▲同金左△27金▲同金△38角・・・という順を並べられ、なるほど、寄せの「筋」に入っている。

こういった局面、ぎりぎりの寄せを探す作業は自分にとって一番好きな局面なので、上記の勝ち筋を逃したのは至極残念だった。

しかしながら、大熱戦だったとして、最後は「運」とか勝ちたいと思う「気持ち」とか、そういったもので勝敗が付くのはもっともっと違う話。

「何かあるはず」「勝ちだと思った」という局面で、具体的な順を発見できなかった自分と、それをわかっていたはっしーとの違いこそ実力差だと痛感した。
自分には1分将棋の中発見できなかった寄り筋を、しっかり橋本八段は秒読みの中気づいていたわけだから、敗因は「技術の差」以外の何者でもない。

また一から出直して、その「差」が少しでも埋まるように精進していきたい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして,今晩は。

突然でぶしつけな質問ですが,将棋を”楽しむ”にはどうしたらよいでしょうか。
あるいは,将棋を知らない人にもアピールできる”魅力”はあるのでしょうか。

きわめて曖昧で,興味本位の質問ですが,お暇なときにでも
教えていただければうれしいです。

記事と無関係の質問でスミマセンです。
次の対局はがんばってください。

対局お疲れさまでした。

なるほど橋本八段指摘の順は綺麗に筋に入ってますよね。
これを逃すとは悔やまれるでしょうし、自責の念も浮かんだやも知れません。
けれども、自分の至らなさを潔く認めて前向きになれる慎一先生の姿に少なからず好感を覚えました。
勝利の女神はそういう人に向かって微笑むと思いますよ。
今度ハッシーと闘う機会があれば、一刀両断の寄せでぶった切ってやってください(笑)。

それでは。

No title

ハッシーの体型はどうでしたか? タンパク質ダイエットを始めたそうですが。。。 
だた、頭を使う人には、よくないダイエットですので、将棋が弱くなるかも。。。 次は、やっつけてください。
(脳は、ブドウ糖が唯一のエネルギー源ですので。)

では、では。

No title

今さらながら言い古された事ながら、勝負の世界は冷厳なものであるなあと痛感しました。結果が明らかに出て、それを「技術の差」「実力差」と認めざるを得ないという。
実は私もいま個人的に、人生の中で、一つ「負けました」と投了したばかりでして(簡単に言うと辞表を出して仕事を辞めたのです)、それを自分にどう受け入れるかと思い悩む中で、何か教えられた気がしております。具体的に何をすればよいのかは判りませんけれども、やはり自分の弱さを認めて精進するしかないのでしょう。

Re: No title

masa さん>コメントありがとうございます。

ハッシーの体型ですか。
激痩せしてましたよ!

って嘘です^^
特に変りはわからなかったけど、ツボ押し道具持ってましたね(笑)

たんぱく質ダイエット・・・わたしには無縁のようです(--;

Re: No title

もぐり初段さん>コメントありがとうございます。

一般的に社会では白と黒だけじゃありませんよね。今回のもぐりさんが感じたような投了したという気持ちは滅多にないことだと思います。
「どう生きても1局」ということを将棋から学びましたから、一度リセットして前に向かうことだけ考えればいいんじゃないかと思いました。



プロフィール

月下のシン

Author:月下のシン
2008年10月1日付けで棋士となった佐藤慎一です。
気づいたら早いもので4年目に突入!
宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Love Clock
グラフィカルとけい
Sweets
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。