スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白星

終局は19時24分、98手迄。


振り駒で後手番を引いて、先手石田流に右四間飛車で対抗するも、中盤までは上手く指されてまずそうな感じ。

それでも先手の疑問手に真っ向から踏み込んで下図が本局初めて「やれる」と思った局面。

(新規棋譜)63手


後手が角銀交換で駒得&龍を敵陣に成り込んでいるものの、玉形では大差で先手に分がある。仮に次に先手の手番が回れば▲44銀や▲56飛など攻めに困ることはなく、後手玉はあっと言う間に寄せられてしまうところ。それでも「やれる」と思っていたのは、この瞬間の手番が回ってきたからに他ならない。

ここで第一感「筋」とばかりに△57歩では▲44銀で先手勝ち筋。以下△同角▲同歩が▲43銀△53玉▲56飛以下の詰めろとなってしまう。

実戦はここで17分考えて△66角打!とした。
角のラインがダブルことや龍の縦の利きを止める、角が質駒になるなど普通はよくない手だが、この手で優勢を確信した。
例えば△66角打に▲57銀のような先手を取るような受けでも、△77角成とし、以下▲同飛には△36桂という狙いがある。
また、この手自体詰めろでなければ▲54銀と先手から一発詰めろが入るものの、以下△39銀▲18玉△28金▲17玉△44角(仮想図)と歩頭に角を引っ張り、
脳内妄想

以下▲同歩△同角▲26合△25桂迄の詰み、角がダブってることがこのような詰み筋を生むことが珍しい。ちなみに▲54銀で▲54金だと先手玉には詰みはないものの、△39銀▲18玉△58龍で後手勝ち。この変化では後手玉は銀2枚では詰まず、金銀の持っている種類によって水面下では勝ちの変化がたくさんあり、このあたりはツキも感じた。(図面は1つまでと決まっているのですが、これは脳内妄想ということで勘弁してください^^)

実戦は△66角打に▲同飛△同角▲39銀△15歩以下後手の勝ち筋に。最後の△15歩では△77角成のほうが厚かったものの(勝負に負けづらかった)、第一感が△15歩の攻め合いで勝ちと告げるのだから仕方ない。迷ったら本能に従うのみ=攻め合いこそ、ですね。



本局では石田流に右四間飛車という、ややローカルな戦法を採用、逆にアマチュアの方には馴染みのある戦形かもしれません。
自分としては、奨励会時代の1級~三段までこの戦形を指していたので久々に指したという感じ。
初段、二段のときは右四間ではほとんど負けなかった、12勝3敗で連続昇段した一番強かった(相対的に見てね)自分が得意としていた形。三段になってからはまるで通用しなくなった形。そこで壁にぶつかって勝てない自分が「戦形が悪い」「最新形の序盤さえ勉強すれば」そう思って切り捨てた戦形なんです。

でも果たして、戦形が悪かったのか?

本当は違うところで負けていたんじゃないか?

今の自分がやってみたらどうなるんだろう?



答えはすぐに出るわけない(笑)

三段のときでさえ何年も苦しんだことなんだから。


それでも。

情熱の彼方に何がある?
気になるから行こうよ

ってな感じで、過去の自分の将棋と今の自分の将棋を組み合わせて明日の将棋を作っていきたい。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

6六角打ち、次の一手問題になりそうな、
絵に描いたような上手い手ですねえ。
もっとも、慎一さんの詳しめの解説がなければ、
僕には、いい手なのかどうかも判断できなかったですけど^^;;

No title

サトシン先生、やりましたね!
おめでとうございます!!

奨励会時代の葛藤のお話を読んで、考えさせられました。

生きていると様々な事で、自分のこのスタイルでいいのか?と悩む事が多々あります。
良かれと思って変えた事が、結果として自分を見失って苦しむ事になったり。

自分の原点も大切。
でも独りよがりじゃなく、世間様の中で、ある程度は折り合って行く事も大切。

今日のサトシン先生のお話は、将棋に限らず哲学に通ずると思いました。
うんうん、これはとても深い。

おめでとう!

あと1で 挑戦者決定トーナメントですね!
最近世の中的には「サトシン」といえば紳哉六段になっちゃって(笑)、話題のNHK杯は負けたものの他は実際好調なわけで、ここはひとつ本家(?)サトシンここにあり!ってところを見せつけちゃって下さい。

予感

今季連勝スタート、おめでとうございます。

>昨年度までは鳴りを潜め、そこからいきなり勝ち始めて一気に
 (竜王ブログより)

今年が先生の年になる予感。体調に留意され、頑張ってください。

Re: No title

よーぷーさん>コメントありがとうございます。
わたしにしては珍しく「パワー系」の1手でした(笑)
天皇賞春の予想、参考にしてください!(笑)

Re: No title

あけみさん>コメントありがとうございます。

無形こそスタイルにしてみたい(笑)
まあたくさんバットを振ってフォームが固まるのを待ちます^^

Re: おめでとう!

Tipさん>コメントありがとうございます。
紳哉さん何かやったんですね(笑)
いやー、サトシンは先輩に失礼かと思っていろいろ考えたんですが。。
とりあえずあと一つ頑張ります!

Re: 予感

バンプおやじさん>コメントありがとうございます。
その予感が少しは当たったと言われるように頑張ります(笑)
プロフィール

月下のシン

Author:月下のシン
2008年10月1日付けで棋士となった佐藤慎一です。
気づいたら早いもので4年目に突入!
宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Love Clock
グラフィカルとけい
Sweets
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。