スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喪に服する

昨日は町田スクール、中高生教室でした。

中学生の女の子の教え子が亡くなりました。

普通に今日も会って将棋指してお喋りして、と思ってました。もう来ないって道場の席主さんに言われても最初はわからなかったし、信じられないし信じたくなかった。

いつも将棋教室を楽しみにしてくれていて、3時開始なのに2時40分にはもう到着して待っていてくれる子でした。

最初の頃は弱くて8枚落ちを2時間で4局ぐらいやってました、負けても負けてももう1回やりたいとすぐに駒を並べていました。10か月くらいで6枚落ちでもしっかり勝てるまで強くなって、家でもお母さんとやってあげることがあるけど、お母さんは弱いからって笑って話してくれました。

対局後はわからないところを矢継ぎ早に質問してきて、納得するまで話を聞いてくれて、勝ったときには本当に嬉しそうにしていた顔が胸から離れない。

最後に会ったのは、年末の集中授業のとき、いつものしっかり者のひとみちゃんでした。


中高生教室の前に、わたしの通っている子たち皆と黙祷しました。


家に帰って来てから、今年初めて泣きました。


また今も思い出して画面が滲んでます。


対局前日まで喪に服します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

中学生の女の子ですか…。
悲しすぎますね…。

びっくりした

ひとみちゃんって、ご本人やお母さんがコメントされてた子ですよね。ほほえましく読んでいたからよく覚えてます。
将棋が好きなんだなあって。

ブログ通じてでしか知らなかったけど、びっくりしました……。
中学生って早すぎるでしょ……。
お母さんも大丈夫でしょうか?少し心配です。
病気か事故か、突然死か、いろいろあると思いますが、子供が親より早く亡くなるっていうのは胸が痛いですよね。

ご冥福をお祈りします。

悲しいですね。その方がもういないなんて、簡単には理解出来ませんよね。将棋が大好きだったんだろうなって、文章を読んでても伝わりました。ご冥福をお祈りします。

皆様ありがとうございます

この度は娘の事で皆様を驚かせ悲しませてしまって申し訳ございません。
無事葬儀は終わりましたが、私にもまだ実感がわかないというのが正直なところです。

サトシン先生の文章から、活き活きと将棋に取り組む娘の姿が浮かび上がって来て、感激しました。

好奇心が強くて、興味を持った事には並外れた集中力で没頭する子でした。
高校生になったら囲碁将棋部に入りたいと言っていました。
勉強も抜群に出来たし、本も沢山読んでたし、ピアノも囲碁も上手でした。
明るくてまっすぐで優しくて、自慢の娘でした。
こんなにいい子に育ったのも、たくさんの方々がひとみをかわいがってくれたおかげです。
サトシン先生も勿論その一人です。
心から感謝致します。

ひとみの棺の中に、詰め将棋や詰め碁の本を入れてあげようかと思ったけど、私がもらう事にしました。
娘の囲碁仲間のおじさんに「お母さんも囲碁を続ければ、お嬢さんの供養になる」と言われたんです。
囲碁や将棋をやれば、ひとみと一緒に過ごしてる気分になれるかも?なんて思いました。

どうしてこんなに早く天国に行く運命だったのか、解らないしこれからも答えなんて見付からないかもしれない。
でも、娘は人に恵まれてきっと幸せだったと思います。
最後の日も私とおしゃべりしたり、ふざけあったり楽しく過ごしました。
最後の食事も「お母さんおいしい。ありがとう」と喜んでくれました。
だからこそ急に消えてしまったのが信じられないのだけど、最期の日もあの笑顔があったのが唯一の幸いです。

私が何か悩んでむつかしい顔をしてると、よくひとみに両方のほっぺたをつかまれて、上に引っ張られました。
「お母さん笑って!」ということです(笑)。
それを思い出すと、悲しくても、元気を出さなきゃ!と思います。

人様のブログのコメント欄に私事を書き連ねてすみませんでした。
サトシン先生、スクールのみんな、コメントを寄せて下さった皆様、一緒にひとみの死を悼んで下さって、本当にありがとうございました。



Re: 皆様ありがとうございます

あけみさん

突然の不幸の中で、本当に辛い中このような気丈な言葉を頂き恐縮です。
自分も突然のことでただ悲しみ、信じられない気持ちで何も手につかないような日が続きました。
ひとみちゃんのご冥福を心からお祈りさせて頂いています。
今はひとみちゃんとあけみさんへ手紙をしたためております。
亡くなられた当日のことを読ませてもらって、また「どうしてなんだろう」って、どうしようもなく切ない気持ちになりました。

わたしから見たひとみちゃんは、ほんの一部分、将棋をやっているときだけのひとみちゃんでしたが、あけみさんが思っていることと同じように、自慢の教え子でもありました。集中して、よく話を聞いてくれて、でもお喋りするとよく笑って楽しい話をしてくれました。家でのお母さんとの話を一番聞かせてもらってて、お母さんが大好きなのが凄く伝わってきました。
ひとみちゃんは囲碁もピアノもやっていたんですね。確かに、並外れた集中力がありましたから、そういった所でも周りを驚かせていたと思います。将棋の上達するスピードも普通の人の2倍、3倍の早さでした。

また、何回かこのブログのこともお話していました。ひとみちゃんが「わるよいって阿久津先生でしょ?バレバレだよ~」って言ってきてくれて、良く読んでくれてるなぁって思って少し恥ずかしくもなりました。

このようなところでひとみちゃんのことを書いたり、お母さんにお話するのはどうかと思いましたが、ひとみちゃん本人が好きで読んでくれていたみたいなので、誠に勝手ながら書いてしまいました。

最後にあけみさん、くれぐれも無理なさらず御体にお気をつけください。


佐藤慎一

No title

まだ中学生なのに・・・
未来ある女の子がそんなことになってしまうとは、悲しいです・・・
サトシン先生の将棋を天国から見てくれていますので、ぜひ勝って勝って勝ちまくって下さい!

Re: No title

将棋太郎さん>コメントありがとうございます。
2月は大事な対局がたくさんあります。
勝ちまくれるように、毎局同じ気持ちで臨める様に頑張ります。
プロフィール

月下のシン

Author:月下のシン
2008年10月1日付けで棋士となった佐藤慎一です。
気づいたら早いもので4年目に突入!
宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Love Clock
グラフィカルとけい
Sweets
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。