スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台、棋譜監修

この度「二手目87飛成戦法」という舞台の、棋譜監修を務めさせてもらってます。

「二手目87飛成戦法」特設サイト→http://engeki.juno.bindsite.jp/muramatsu/

えーっと、この「二手目87飛成戦法」の脚本を手がけるボス村松さんは、何度かわたしのブログにコメント頂いてた方なのですが、「12月に阿佐ヶ谷で将棋の芝居をするからそれに使う棋譜の監修をお願いしたい」というメールを直接頂いた次第です。

で、脚本を送ってもらって読ませて頂いて、これがほんとに将棋ファンにしか伝わらないんじゃないかというくらい将棋マニアな台本なんです(笑)

でも熱意が伝わってくるし、これも縁だし(笑)、「よし!やってみよう!」と思い引き受けました。

劇中で使われる棋譜が「横歩取り△45角戦法」で、その将棋からポイントの手を劇の題名にもなっている「△87飛成」と指定されての棋譜作りとなりました。

これがなかなか難しく構想1時間、理詰めで1時間で計2時間くらいで作りました。

そして先日、ボス村松さんとAKで飲みながら作った倍の4時間かけて棋譜の解説など(笑)
その様子がこちらです→http://ameblo.jp/iron-blog/entry-11041157657.html

まあこんな感じで楽しくやりました^^

公演日時は12月2日(金)19時半~、12月3日(土)14時~、19時~、12月4日(日)14時~、19時~となります。会場はザムザ阿佐ヶ谷、前売り2500円となっています。
詳しくはこちらで確認してください→http://engeki.juno.bindsite.jp/muramatsu/feature.html

この後は一度は稽古場の方に伺って、将棋の所作などをチェックするつもりです。


ちなみにわたしは12月3日(土)の19時~を観にいきます!で、ちょこっと壇上の上に上がることになりそうです。緊張するなぁ~。。それと誰誘うか思案中、貴族とか来てくれたら面白いけどなぁ(笑)


楽しい劇になると思いますので、興味ある方は是非足を運んでください!劇を見て~AK行きたい人が居ればAKの場所教えますよ(笑)


PS.昨日Kからのメールで「受かった」と来ました。よかったね~と思って、「じゃあ今度は教習所のコーナーでVモンキーかましてね」と返信しておきました(笑)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

将棋の内容の舞台があるんですね
ものすごく内容がコアで濃い気がするけど…

Kさん、よかったですね

No title

全然予定は見えてないですけど、
極力、観に行きたいと思ってます!

No title

12月3日ですか。偶然ですが別用で上京している予定です。足が向いたら参戦します。

記事の当事者です!

記事にしていただき、ありがとうございます!サトシン先生!

劇団鋼鉄村松のボス村松とうケチな野郎でげす。

将棋倶楽部24で6級(最高は4級)です

ついに棋譜入りの脚本が非将棋好きの役者たちの手に渡され、

大混乱の中、稽古へ。

棋譜は、将棋盤の右上から横に1234・・、縦に一、二、三、四・・

と説明して、

45角戦法を仕掛けた名人コブラ(ハブよりも毒が強い)役を演じるムラマツベス(芸名です)の様子がおかしい。

「右上から1,2,3,4、なんですよね・・」

まったく、大男総身に知恵がまわりかね、とはおまえのことだ(2mセンチある)、と毒づきながら何がわからない、と彼の様子をのぞいてみると、

そうなんですね。

後手番側からみると、左下から1234なんですね。

当たり前だけれども、そんな足元にもトラップが!

いやー、将棋芝居最初っからむずかしいです!

でも多分おもしろい芝居になります!

なんとか見に来てやってください!

名人コブラとザキヤマ七段の死闘と、それを検討する控室の雑談を描いた芝居です。

公演特設サイト
http://engeki.juno.bindsite.jp/muramatsu/

No title

昨日の将棋まつり会場は、地元なんで先生目当てに行きましたよ~
時間的には本当にちょっとだけでしたけど。
元気そうでなによりでした。

今日は順位戦

8手目3二飛!飛車振ったー!
ここのところプログ更新なかったのは、この作戦をうっかり書いちゃいそうだから?(笑)

うまく熊さんを引っ張り出せますよう、応援しています。

残念

残念でした。新幹線で酔っぱらって下さい。

No title

世の中、いろいろと汚れています。
人の心も、環境も。
大人も子どもも。

そんな中、佐藤先生は奇跡ですよ!

思うままに生きて、指して、コメントを書いてくだされば、それが多くの人の、少なくとも小生の救いです。

ずっと応援しています。

No title

そろそろ復活のころあいではないでしょうか。

ブログにもあたらしい1ページを。
プロフィール

月下のシン

Author:月下のシン
2008年10月1日付けで棋士となった佐藤慎一です。
気づいたら早いもので4年目に突入!
宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Love Clock
グラフィカルとけい
Sweets
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。