スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kと自分と世の中

K「退会が決まってすぐ電話したとき泣いてたんだからね!」

ちょっと待てよ、そんな電話きてない。
ああ、わるよいに電話したときのことか。

丁度その日はわるよいと一緒にいたよ、だからって訳じゃないけど昼から酒食らってた・・・。


書こうか書くまいか迷ってた、自分のことじゃないし自分の友人のことだから。
でもいいんだって書いても、本人が書いていいって。ごく僅かかもしれないしたくさんかもしれない人たちが心配してるからね。


数え切れないエピソード、その一つ一つでKは皆から認められてたんだ、少なくとも自分は。



その1つに、もう10年近くも前になるかな、その日は奨励会の例会日で終わった後、自分とKとわるよいとYと4人で徹夜で麻雀打ってた。
朝方みんなもうへとへとだった、奨励会だけで疲れてるのに徹夜で麻雀打ってるわけで、当然みんな金なんてないし。唯一棋士になってたわるよいに場代なんかは出してもらってたような、いやそれもうやむやなくらいで。
で、(土曜か日曜だったので)その朝方からみんなで競馬場行こうぜみたいなことになり、通勤時間の電車に乗り込んで新聞広げて競馬の予想をYがしてたわけ。
そしたら急にKがYに「ダメだよ!」って言って、急いで新聞たたませて。
何かと思ったら、スポーツ新聞読む人はわかると思うんですが、競馬欄の裏側って大体アダルトページだったりするじゃないですか。朝の通勤時間だから小学生も乗っていてね、その子がぼーっとこっちを見てたわけです。
オレもわるよいも気づかなかった、というかもう疲れてくたくただからそんなことに気が回らなかったんですよね。どーでもいいっていうか、今は勘弁みたいな。普通の人はそうだと思う。
そんなときでも周りに気を配れるKはさすがだとそのとき思ったことがあります。

ちなみにこの時期からkは「心はキムタク」って皆から呼ばれるようになってましたね(笑)

もう1つ、忘れられないエピソードがあります。
その日も朝から晩までKと2人でスロットか何か打ってたんですね。
もう終わってくたくた、でそのあとオレんち来ないかと誘ったわけです。(実家にですね)
その向かう電車の中で、目の前の席が一つだけ空いてたんで、わたしが「K座れよ」って勧めて、Kに座らせて自分は立ってたらKの隣に座ってた女性がスッと席を立って他の一人だけ座れるスペースの席に移動したんです。
我々2人組みだから気を利かして席を移動してくれたんだなって思って、Kに「いい人がいるもんだね」って言ったら、Kは「いや、オレが汗臭いからあの人は移動したんだよ」ってホントに泣きそうな顔して言うんですよ(笑)

それは人によってとり方がある、好意で譲ってくれたのか、汗臭いのかわからないけど、でもその考え方がやっぱり好きなんですよ。ただの杞憂に終わるだけの心配でも、常に相手のことを考えているわけだから。

臭いってくらい香水付けて匂い振りまく女性と、Kの考え方。

世の中がそっちの方に傾いても、自分はKの考え方と一緒でいたいと思う。

奨励会が長いと社会不適合者なんて言う奴が居たら、Kに会えば変ると思う。みんなが持ってないもの持ってますから。
もしKが世の中から放り出されるようなことがあるなら、オレが代わりに言ってやる「腐ってるのは世の中のほうだぜ!」ってね。


Kがたまに言う「オレはしんくんのファンだから」

それはそのままお返ししたい、わたしがKのファンなのです。

Kと自分と世の中・・・それはリンクしない。自分が好きなKの部分は、世の中に何の意味も持たないところかもしれない。奨励会時代を通じて何も持たない同士が、それ故に「こいつだけは持ってる」と思えた部分があったということ。

そしてそれは自分だけじゃないみたい。次の三段リーグ最終日には関西からも元奨励会員(普通に社会人ですよ)が数名関東に駆けつけるらしい。目的はKを胴上げすること。嘘かホントか、普通なら疑うような話もKだからわかる、Kならわかる、みんなファンだから体より心が勝手に動く。しかしあの巨体が持ち上がるかな(笑)


Kが奨励会やめたあとについて、わたしは聞いてないし、Kも考え中なんだと思います。
でもいいんですよ、Kがやりたいことやれば。
そこで新しく出会った人たちが、また新しいKの友人でありファンになっていくんだから。

あ、ちなみにKは彼女募集中です(笑)
野暮だけど粋で純粋で、体は大きいけど心は優しいKに是非会ってみたい!という女性はメッセージください(笑)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

何と言っていいのかわかりませんが

Kさん、お疲れ様でした。
最後の2局、御存分に。

No title

K君には初対面で親切にしてもらって、感謝してます。
必ずや、この後の人生が輝くことを願ってます!

って、K君に伝えておいてください^^;;

社会不適合者とか、そんなん、言われたりすることもあるかもしれないですけど、
まったく気にすることないですよ。むしろ社会適合者の方が面白くないです。
奨励会という貴重な経験を胸に、人望ある面白みのある人になってほしいです。

って、僕が偉そうに言うことではないですね^^;;

僕自身は、どう見ても社会不適合者で、酒飲みギャンブラーで、
怪しい仕事をしていて、しょーもないですけど、まあそれはそれとして^^

最後まで

初めて投稿させていただきます。8月20日の佐藤先生の言葉に感動して、いっぺんにファンになったものです。今回の言葉も非常に重い言葉で感動しました。失礼かもしれませんが、奨励会で苦労なされた先生の言葉だからこその重みを感じます。K三段との深いつながりがこの文章でよくわかりました。K三段の前期の土壇場からの5連勝にはしびれましたが、ついに退会という残念な結果になってしまいました。しかし、最後まで精一杯指していただければと思います。皮肉にもKさんの奨励会最後の対局は、相手にとって昇段がかかる大一番になる可能性があります。まさに米長哲学の最たるものかもしれません。どのような結末を迎えるか、胸が熱くなります。

No title

 慎君、良い日記だね今回は特に。
 刺激を受けて俺も放置しているブログを書こうと思いました。

 近いうちまた呑みましょう!

No title

私の知ってる方も三段リーグ前ですが29才三段で退会され
現在指導棋士をされています。一緒に麻雀をしたとき私が
チョンボをしたのに気がつかない振りをしてくれるようなやさしい
人でした。Kさんの第2の人生に幸あれ!

No title

毎回、先生のブログは拝見させていただいています。いつも本音の先生のブログは好きです。特に今回の下記のフレーズ、自然と涙がでました。相手をこれだけ思える先生、思わせるKさん。二人のいい関係に今後の幸あれですね。

「奨励会が長いと社会不適合者なんて言う奴が居たら、Kに会えば変ると思う。みんなが持ってないもの持ってますから。
もしKが世の中から放り出されるようなことがあるなら、オレが代わりに言ってやる「腐ってるのは世の中のほうだぜ!」ってね。


Kがたまに言う「オレはしんくんのファンだから」

それはそのままお返ししたい、わたしがKのファンなのです。」

Re: No title

よーぷーさん>コメントありがとうございます。
やっぱりよーぷーさんが心配しているんじゃないかと思ってました。
また中山ゴンドラでみんなで競馬研したいですね^^

Re: 最後まで

Fuj さん>コメントありがとうございます。
そう言って頂けると凄く嬉しいです^^

最終日、そうですね、結果はわかりませんけど、Kは時間余して負けたりはしないでしょうね。

Re: No title

ありとさん>コメントありがとうございます^^
病んだ時メールしますね(笑)、この前貞子に病まされました。

Re: No title

田舎天狗さん>コメントありがとうございます。
奨励退会後に指導棋士になる方には、自分自身、普及活動の質の高さにたくさん見習うべきところがあります。

Re: No title

Yさん>コメントありがとうございます。
わたしとKも相当ですが、わるよいとKは夫婦です(笑)
Kは恥ずかしくなるようなことをスパッと言える男ですね。
プロフィール

月下のシン

Author:月下のシン
2008年10月1日付けで棋士となった佐藤慎一です。
気づいたら早いもので4年目に突入!
宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Love Clock
グラフィカルとけい
Sweets
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。