スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小悪魔氏

「ブーブー、パターン青。小悪魔氏O駅に襲撃」

先日の金曜日の夜に、Kと小悪魔氏がうちに来た。

おさらいというか、小悪魔氏→天野3段→ブログhttp://ajiajiamano.at.webry.info/(クリックして頂ければ見れます)

わたしは棋士関係のブログはほとんど見てないのですが^^;、小悪魔のブログはよく見てる。


丁度10年前に、自分が18で3段リーグ初参加、そのとき彼は14,5で奨励会有段者だったし、Kはすぐ半年後に3段リーグに入ってきている。


一般的に奨励会はどう思われているだろう??

棋士になるための養成期間とは言うけれど、なれる人のほうが圧倒的に少ないわけで、100は釈然としない。

将棋のエリート集団の若者達、という風に思われる方もいるかもしれないけれど(笑)、エリートなんて言葉は将棋界ではほんとに一握りの人にしか使わないのでそれも違う。

まぁ、棋士になる資質と志を持った若者たちと思って頂ければ一番いいと思います。


そんな中でも、皆がみんな一緒じゃない。目標は「奨励会を抜けてプロ棋士として活躍する」であっても、個人個人は十人十色なわけです。

けれど何となく仲良くなったり、グループ的な感じにもなったりする。それが同期だったり、同じ歳だったり、同じ研究会に入ってたり・・・。
大体はそんな感じなんだけど、小悪魔氏とは全くそういった接点はない。

それなのに自分が18くらいのときからかなり仲が良い。何かのときには彼がいて、自分がいる。

その接点は・・・

恐らく、遊びの才能(笑)

彼と将棋指した回数より、明らかに一緒に麻雀や競馬をやった回数や、飲んだ回数の方が多い。

稀に居る訳のわからない波長、気が合うっていう安い言葉じゃない、その上の上くらいの同調。


自分もKも小悪魔氏も10代で3段リーグに入ってきたから、自分も誰も将棋の才能を疑うことはなかった・・・。



そんな10年後の現在、「地下」と呼ばれるバーで3人+Mさんでお酒を飲んでいた。


そのときにまずは小悪魔氏のブログのことをわたしは話した。

「なんでオレ様とかイケメン言うの?笑」

彼は実生活で全くそんなこと言わないから(イケメンではあるけれど)、その辺は友達としていじってた。


小悪魔氏が聞いてきた

「最後の三段リーグ、上がれなかったらどうしてたの?」

それは、将棋を辞めて、東京から出て、お馬さんの世話をしようとしていていたことを話した。

自分は、将棋という好きなことをずーっとやってきて、その合間に好きなことで遊んだりもしたから、また体一つで好きな世界に飛び込むつもりだったと。

深い意味や訳もない、一回きりの人生なんだから好きなことやるしかないだろうって。


だから彼に諦めたなんて言って欲しくない。実際は違っても、言ってほしくない。

だって、ピンゾロしか勝ちがなくても信じて振れる男だろ?



そんな我々の今、これは痛感したけど女子に弱く子供と仲良し(笑)

なんせ自分達が子供みたいなとこ残したままここまできちゃったからなー。


この日も麻雀→飲み→競馬で36時間くらい過してしまう我々は、あんときから歳とっただけで何も変ってないです。

いいと思うんだよ、それも1局で。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

奨励会

三段リーグ表の年齢の欄を見ると、24~25歳の人がかなり
いますね。23歳の人も合わせると相当数ですね。
私が将棋に興味を持っていた子供のころは、プロでメシが
食べれるなんて思っていませんでした。メシが食べられる
どころか、NHK杯に出ているスター棋士(大山・中原先生)
が、そんなに稼ぎが良いなんて、思いもよりませんでした。

働き出してNHK講座などは見なくなりましたが、仕事に
ゆとりが出来て将棋に再び興味を持ちました。NHK杯も
見だすようになり、初めて行った名人戦大盤解説会で
サトシンさんを知り、三段の厳しさに興味を持ちました。

大盤解説会だと棋力が下であろう、可愛い女流棋士の方が
人気・知名度が圧倒的ですし、大盤操作をされる奨励会員は
完全に黒子ですもんね。
でも、そんなサトシンさんも今では陣屋で大盤解説会を!
えりこちゃんが聞き手なら、最高でしたね~(笑)。


・奨励会入会が出来る人は、ちょっと強い位じゃあ入れない
・その奨励会を抜けられずに退会する人が大多数
・棋士になってからも、スター棋士と呼ばれるのは一握り

今はネットが普及しているので、将棋の世界を調べることが
簡単ですが、こんな世界だとは子供のころは全く知りません
でしたよ。
しかしサトシンさんには陣屋に解説者では無く、近い将来に
自らのタイトル戦で行ってもらいたいですね!

こーやん先生の実家の道場

いつもブログ拝見させて、いただいておりますm(__)mこーやん先生の博多での飲み友達で福岡中央支部の支部長です
この度、こーやん先生の実家の道場である六本松将棋道場のブログを開設しました、こーやん先生の博多での様子なども書き込みたいと思っておりますので、見ていただければ幸いです。URL http://blog.livedoor.jp/momomo48811027/ です、佐藤先生とは九棋会の合宿で一度飲んだ事があります、覚えてくれてますか?

Re: 奨励会

しおんの王☆さん>コメントありがとうございます。
そうですね、3段リーグの表見ると、どんどん新しい人が入ってきて、実力者もどんどん増えますからね。

>プロで飯を食べられる~、
自分の場合は羽生先生という、当時竜王を取ったスターがいましたから、「羽生さんみたいになりたい!」って思いましたね~。小学校時代に電車で1時間半かけて八王子道場いったのもそういったところあったからですね。

>えりこちゃんが解説なら最高~、
ええ、そうですね!将棋に集中できませんね(笑)あんまり言うと変質者になるんでこの辺で(笑)

Re: こーやん先生の実家の道場

博多の酒友さん>コメントありがとうございます。
もちろん覚えていますよ!
合宿のときはお世話になりました、お迷惑もおかけしてしまって^^;

こーやん先生には東京に来てもらっている間、大変お世話になってます。ある意味、師匠みたいに勝手に思わせて頂いてます(笑)

いつも博多に遊びに行きたいと思っているんですがなかなかその機会がなく、6,7月には必ず行こうと思ってますのでそのときを楽しみにしています。

ブログ読ませて頂きました^^
新設されたようで、今後ますます楽しみです。
こー先生の博多話たくさん書いてください(笑)
楽しみにしております^^
プロフィール

月下のシン

Author:月下のシン
2008年10月1日付けで棋士となった佐藤慎一です。
気づいたら早いもので4年目に突入!
宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Love Clock
グラフィカルとけい
Sweets
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。