スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辛い

今日は町田の子供スクール。

この時期だから、小学校卒業するということで最後の子がいる。
この春から中学生になるという子だから、棋力も初段近くあるんだけれど、小学校低学年の子に駒落ちで多面指ししてくれたりする。元々自分が6枚落ちや8枚落ちで指していた子が、今度はスクールに入ったばっかりの子にそういったことをしてくれること、そういった光景で卒業していくのを見ると、嬉しかったり寂しかったり。

その子はまだ2級だから甘めに見ても初段には認定することができない。(初段になると免状が貰える)

だけど、初段ってなんだろう??

棋力だけじゃなく、礼儀、それと他人にもしっかり教えれることが初段という区切りじゃないのかな。なんてことを考えると、その子が初段じゃなくて何が初段なのかと考えさせられる。


そして今日は震災のあとで先々週延期になったスクールの振り替えの子もたくさんいた。

「この前の日曜日は将棋教室がなかったから何をすればいいかわからなかった」

子供達が不安な顔して言う。

そんなこと言われたら抱きしめてやりたいが(笑)、自分はべたべたするのは苦手だからなぁ^^:


そして、今日からスクールに来る子もいて(体験入学といって1回無料で授業をしてもらいます)、玉と王の違いから教えたり。

で、「町田スクールでは礼儀を重んじています」と保護者の方に説明しているんだけれど、そんな中駒箱を叩きつけたり机を蹴っ飛ばす子が一人・・・。

その子は確かに問題があると思ってた。

だけど言えば聞いてくれる、そういう風にも思ってた。

「家でゲーム(DS)やると怒られるから」と言って将棋教室来るとゲームやりたがる。

「じゃあ詰め将棋やろうよ」っていうと、目をきらきらさせながら詰め将棋に没頭する、飽きたらまた「ゲームやりたい」と駄々をこねるかなり変った子。

そんな子だから、多少暴れても多めに見てたし、根本的にちゃんと言えばわかってくれるとも思ってた。



でも今日の暴れっぷりはちょっと違った。

モノも投げたり、将棋指している子の邪魔したり。

「ばか野郎、いいかげんにしろ!」

とは言わなかった。

言えなかった。

そんな子だから、空気みたいに敏感だから、震災以降の大人やちょっとした空気の違いで凄いストレスがたまっていたのかもしれない。


しかし自分が言わなきゃいけなかったのかもしれない。


その昔、付き合ってた子が保母さんで同じようなこと悩んで自分に相談しようとしてた記憶が蘇ったけど、そのときの自分は

「おまえが言わないで誰が言うんだよ、言えないならやめちまえ」

言った気がする、自分の言ったこと。


そんな記憶を回想させながら、そのまま一直線で家に帰って来て、何も食ってない胃袋にウイスキーを流し込んで、なんだかわからないけど、いろんなところが焼けるように痛い。


明日も連盟のスクール。


まだ時間が早いから、焼けて浄化されるまでもう1杯飲むかな。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お体を大切にしてください。

参考には、ならないと思いますが・・・

老人ホームで、職員による虐待を防止するのには、どうしたらよいか。

①悪者をつくらない。
②とうの本人を、責任者にすえて、改革委員会をたちあげる。

などの、方策があります・・・

う~ん、ケースが違いすぎますかね・・・


場合によっては、親や教師・医師をふくめた、カンファレンスをひらく、
必要があるかもしれません。

親の同意のもと、地元の児童福祉施設に相談されるのが、よいのではないでしょうか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: お体を大切にしてください。

机龍之介 さん>コメントありがとうございます。
ちょっと書き方が良くなかったです・・・。
震災で不安になっているのは大人だけじゃなく子供達も同じかそれ以上であり、そういったときにちゃんとしたこと言えなかった自分に過去を思い出したりしながら嫌気がしたという、そういうことでした。
プロフィール

月下のシン

Author:月下のシン
2008年10月1日付けで棋士となった佐藤慎一です。
気づいたら早いもので4年目に突入!
宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Love Clock
グラフィカルとけい
Sweets
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。