スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決勝

三浦GPSチームとの決勝戦を迎えるにあたって、山本さんとの事前の作戦会議はなし。ただ舞台の袖口で「今まで通りでいきますけど、勝算は薄いです」というような事は話していた。普通に考えて三浦さんと自分ではかなり差があるし、GPSにしても悪手を指したところを今まで見たことがなかったから。

対局が始まって序盤の作戦は角換わりで行くことに。1局目は矢倉、2局目は横歩取りだったので決勝は角換わりで行こうと思っていた。この辺はやはり「魅せる」ことも頭に入れての毎回違った戦法選択だった。

また解説が森内名人、特別ゲストに谷川会長に来て頂いていて、角換わりやりたいなと思うのは自分としては必然だった。奨励会時代から両永世名人のタイトル戦の将棋で勉強してきた自分にとっては、やはり谷川先生と言えば角換わりで無敵を誇ったという思いがある。(実は2局目も角換わりに誘導していたのだけど結果は横歩取りだった)

軽快に銀をぶつけて先攻、テンポよく進んで下図、今後手が△5四銀と打ったところ。
20130904佐藤三浦42手
ここで解説の森内名人も驚いていた手がポナンザの示していた▲5一銀という攻め筋だった。進行の一例は以下△5二金▲7一角△8四飛(△7二飛には▲6二角成で優勢)▲6二角成△同金▲同銀成と攻める順。正直、自分では思いもよらぬこの手を見て、どうしたもかと考えた。面白そうでやったみたい手だが、自分はここで▲6一角と打つ気でいたからだ。点数は▲5一銀も▲6一角も同じくらい、マイナス100点前後だったように思う。結局は▲6一角と打つことにしたのは自分らしい攻めの組み立て方でいくべきだと思ったから。しかしこの▲5一銀は本当に見えない手だなと感心するよりなかった。

十数手進んで下図↓
20130904佐藤三浦57手
この中盤の難所の局面を迎えるにあたって、直前から三浦さんはほぼGPSを見ることなく、盤上に没頭しているような感じを受けた。自分としてもこの局面は読み筋で、山本さんにも「この局面なると思うんで調べさせてください」というようなことを言ってあった。自分の読み筋は△5六馬と飛車に当てて逃げてくる手で▲3五飛と逃げておいてどうか。先手からは次に▲3四桂、▲4三歩、▲8五飛などの攻めが残りやれる局面だと思っていた。ポナの読み筋は△5六馬が第一候補で△6八同馬が第二候補。さすがに切ってくることはないと思っていたから△5六馬の一点読みだった。
そこで三浦さんが指した手が△1三馬。

全く自分の読みになかった、ポナにもない手だった。コンピューター同士読み筋が合うともいうし、GPSが示した手ではなく三浦さんの考えた手だと直前の気配からピンときた。そしてここで自分は長考に入ったものの、良くなりそうな手はみつけられなかった。

そしてこの日初めて、すがるような気持ちでポナの画面を見た。自分のうっかりをポナが帳消しにしてくる手を見つけてくれないか、と。

ポナの出した答えは・・・暴落した評価点だった。その全てがマイナス300後半以上で、△1三馬指されるまでとは200点以上違ってた。ああ、ポナもうっかりしたのかと思って、これはチームとして負けたなと思った。

どう言えばいいか難しいけど、この三浦さんの指した△1三馬を見て、心が晴れていったんだ。やっぱ三浦さんすげぇ、強すぎ。。そう思ったし、このまま仮に評価点通り局面が進んで勝った負けたとしても、常にコンピューターは正しい局面の評価をしていて強かった、ってだけで終わるような気がしていたから。三浦さんの指した好手を、自分もポナも同時にうっかりしてるなんて、この手を指されるまではないものだと思ってた。

確実に負けが迫ってることに嬉しいに近い気持ちになるなんて、かなり色んな感情がごちゃごちゃになっていたんだと思う。同時にうっかりしたことで、チームとしての認識が高まるなんて皮肉だったけどね。

ここからは自分とポナ(山本さんも)の悪あがきが始まって、自分が思いついた手を検索→ダメの繰り返しだった。結局自分が指し手を選んだ基準は、人間らしく、遊び駒を残さないこと。成銀の活用から相手の金を剥がして、少しでも相手玉に迫れる形にしておく。全然評価点は縮まってなかったけど、それはもう諦めていたし、将棋として綺麗な手順を選ぶことも考えていた。

そうして持ち時間が切れる直前となり、30秒将棋へ。

万策尽きたかのように思えたが、まだ最後にやれることがあった。コンピューターと手を切ること。あえて劣勢だからできたと言うのもある。でも元々将棋とは自分のみで考えて指して、結果を背負うもの。当たり前に戻ったということだけだった。

このときは山本さんに「もう局面自体が悪い、ジタバタしてもしょうがない。こっからは自分で指しますから」と告げて、快く送り出してもらった。山本さんは開発者の中では群を抜いて将棋が強いというし、悪あがきで色んな手を検索してもらって全てがダメだったことからも、自分の言ったことの意味をわかってくれたようだった。ここ30数手一度もプラス評価の局面になってないんだから仕方ないと言えるけど。

そのあとに逆転した要因は・・・短時間のことで色々起こりすぎてて一言で言えないけど、仮に相手の三浦さんが一人で指していたら逆転はなかったように思う。30秒将棋ではGPSの操作の人が指し手を入力してから正しい評価点を出すまで時間が足りないし、10秒前と後で全く違う発想の手が一番上に来られても指す方がパニックになってしまうから。30秒将棋で協力し合うというのは相当無理というか、対局者の集中力が削がれる分マイナスに働く部分もあったように思う。
それと人間は状況に応じて保守的になったり捨て身になったりと、良くも悪くも自分をコントロールすることができる特性もあると感じた。コンピューター同士の対局に比べて圧倒的に人間同士の対局で逆転が多いのは、単に将棋の強い弱いだけじゃなく、そういったものが作用していると考えさせられた。

大会終了後に打ち上げに向かう途中、三浦さんに「△1三馬は三浦さんの手ですよね?」と真っ先に聞いてみた。
「そうだけど」って思った通りの答えを貰って、あーやっぱり凄い人だなと思ったのと、あの手がなかったらこんなに晴れ晴れとした気持ちにはなれなかったに違いないと思い、感謝の気持ちで一杯になった。


スポンサーサイト
プロフィール

月下のシン

Author:月下のシン
2008年10月1日付けで棋士となった佐藤慎一です。
気づいたら早いもので4年目に突入!
宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Love Clock
グラフィカルとけい
Sweets
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。