スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1局目と2局目

電王戦タッグマッチの3局を振り返ります。何を考えてどういう基準で指し手を選んでいたか、気持ちで指していたか伝わればいいかなと思います。

1局目は抽選の結果、午前中から阿部習甦ペアとの対局に決まりました。
先手番から相矢倉に誘導してがっちりした将棋になるも、玉頭から仕掛けていったのは完全な独断で、戦いが始まる前に「こうやるとこう進むと思うんだけど、(10手先くらいの局面は)ポナンザの点数は何点くらい?」って感じで開発者の山本さんに聞いたら「マイナス100点~くらいですかね」と返事が返ってきて、「そうですか。でも仕掛けるって決めたんで」聞く耳持たずの無理な仕掛けだったようです。
迎えた下図↓
20130903佐藤阿部62手
この局面でのポナンザの推奨の1手は▲7六銀で、確かそれでマイナス150点くらいだっただろうか。実戦で自分が指した手は▲8三角。受けずに相手の飛車を責める手を選んだわけだけど、この手の評価はマイナス300点超えていたと思う。では何故▲7六銀と指さなかったのか?
この局面は▲7六銀△8五銀▲同銀△同歩という手順で迎えている。なのでここで▲7六銀と指すと、5手前の局面と比べて後手の△8四の歩が8五へ丸々一手得、一歩前進していることになる。
「点」でこの局面を捉えて最善手を探すとなれば▲7六銀は粘りにいく手として候補に入るけど、「線」としての流れの中で再度▲7六銀と打つのは明らかに5手前の局面から損してるので指せない、というのが自分の感覚だった。
山本さんに「ポナンザは▲7六銀推しです」と言われても、「そうですか、でも俺は▲8三角打ちますよ」と言って▲8三角を打っていた。以下△6五桂▲6六角△6四飛▲1五香と攻め合いに転じたのは自分の指し方だった。
以下はやはり形勢は苦しめでマイナス300点前後で、阿部習甦ペアの猛攻を凌ぐ展開となるのだけど、習甦の攻めがやや乱暴な感があり、ここはこーる君が自力で攻め手順組み立てて指した方が明らかに良かったのではないかと思う。この辺のペア将棋は難しく、少々形勢が良いと自身の判断とコンピューターの点数のどちらを信用、軸に進めていくか迷うところでもあるが。

後手の攻めが不発に終わり逆転模様で迎えた下図↓
20130903佐藤阿部94手
ここからの手順が▲6三歩成△6八金▲1九香△1五桂▲3八玉と進むのだけど、違和感を感じないだろうか。
▲6三歩成となんでもないところにと金を作り、大差ですよと言っておきながら直後の後手の攻めに必死に逃げ出すという感じ、同一人物が指しているとは思えない手の流れになってる。
図では自分の直感は▲1三歩と叩いて、△同銀に▲2五桂で一手勝ちと思ってた。ところがの局面で、ポナンザは▲6三歩成で1000点以上のプラスを叩き出していて、▲1三歩や▲1九香という手は何処にも見当たらなかった。「大差ならいいか、任せるか」と思い▲6三歩成と指し、△6八金に対してもう一度ポナンザの評価を見てみると▲5三とでやはりプラス1000点超えている。だけど、これは「え?」っていう感じで、先手が逆転負けするとしたら後手玉が絶対詰まない瞬間にラッシュをかけられるパターンしかなく、▲6三歩成~▲5三とはあまりに悠長すぎる。ポナンザの▲5三と以下の読み筋が△5九角▲3八玉△3七角成▲同玉△1七飛▲2七香△3五歩・・・のような順、それだけはないと自分で思った。
で、自分の直感は▲1九香だったから、山本さんに「これ本当?危なすぎる。▲1九香を探索させてみて」と言ってやってもらったら、30秒後くらいに「▲1九香はポナンザも素敵な手だと言っています」って言うんだよね(笑)
何が素敵な手だ、と苦笑いするよりないとこだった。▲6三歩成~▲5三とで逆転負けたらプロとして大恥じゃねーかって思ってね。そういう訳で▲1九香△1五桂▲3八玉と進むんだけど、▲5三とと指せない以上、その前の▲6三歩成は何だったのかと、そういうちぐはぐなことになっていた訳です。
以下は相入玉となりすっきりした勝ち方じゃなくなった訳ですが、とりあえず1つ勝てて良かったという将棋でした。


2局目は塚田プエラとの対局。先手番で横歩取りとなったけど、これはコンピューター全般が横歩の先手番が異常に強いことを知っていたからで、半年前の練習将棋でも身を持って知らされていた。
迎えた下図↓
20130903佐藤塚田66手
この局面に至るまで、何度かポナンザは▲7九歩という手を推していて、第一候補ではないにしろ必ずその手がどこかに入ってた。後手の飛車が7筋にいる以上、▲7九歩と打たないと▲6五桂とできないわけで、▲6五桂は桂と角を一気に昇華させる手だからやりたくてしょうがないのもわかる。だけどちょっと待ってくれよと、早く打ちすぎると以降7筋に歩は立たなくなるし、壁の悪形でもある。▲6五桂一点狙いだと相手に上手く受け流されたとき悪手になる可能性は大いにいある。で、8筋から継歩攻めをされたとき、数手先の図の局面が自分の中で「▲7九歩打つならここだ!」って思って、ここでポナンザ見たら、ぴったり▲7九歩が一番上に来ててね。「おまえもか!」って思って初めて気があったと思った瞬間でした(笑)
この後の指し手はポナンザ推奨の手を指していく展開になる。勿論自分で考えて手を探してもいるわけだけど、ポナンザの第一候補と被ることもあればそうでないときもあったけど、ポナンザの手より上の手を見つけることはできなかった。

優勢で迎えた下図↓
20130903佐藤塚田90手
▲3四歩でも▲2二銀でもどちらでも勝ちですよとポナは教えてくれていて、点数は2000点近かったかな。でも△3七銀成とされた形は危なくて、自身の将棋ならここで30分は考えてしっかり読み切らなければいけないところ。で、一応確認という意味で山本さんに「コンピューターは頓死しないですよね?」って聞いたら「いやぁ。ポナは結構頓死するんですよ(笑)」なんて笑って言うんだよね!
おい!って感じだったよ、俺を怖がらせてどうすんだよって(笑)
もうふざけんなよと思って再度自玉の安全確認、詰み筋は見当たらない。ポナも大丈夫と言う、時間ないしもういいやって感じで▲2二銀から攻めて行ってるわけです。
結果はポナは正しく自玉に詰みなしで勝ったわけですが、この将棋に関してはポナンザの強さを再認識したっていうか、ディープインパクトに乗った武豊さんの気持ちが少しわかりました(笑)


次局は決勝、三浦GPSチームとの将棋は長いのでまた次回です。



スポンサーサイト
プロフィール

月下のシン

Author:月下のシン
2008年10月1日付けで棋士となった佐藤慎一です。
気づいたら早いもので4年目に突入!
宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Love Clock
グラフィカルとけい
Sweets
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。