スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緩急のピッチャー

プロと呼ばれる者、自分のセールスポイントがなくてはならない。
ピッチャーで言えば自慢の剛速球や必ず三振を狙える決め球。
しかし、自分では速球が勝負球と思っていたのに、プロの世界に入ったらそれは棒球のように弾き返さる・・・。
そんなことはよく聞く話。

将棋指しとして、自分も「ここが自分の武器です」とはっきり言えるようでないといけない。
しかし現状ではなかなかそういったことが言えない、はっきりみつからない。
奨励会時代から、強い人の棋譜を並べて同じような将棋を指すことに流され過ぎてしまったのかもしれない。


そんな中、先日2月6日の王将戦予選、中村(亮)戦で自分らしい味のある手を(と思う)指せたので解説します。
先手の角道止めずの四間飛車から序盤いろいろ変化して、振り飛車穴熊VS居飛車銀冠に組みあって迎えた下図。(後手がわたしです)

(新規棋譜)67手

後手がいくらか優勢なのは間違いないですが、勝ちまではまだまだ道のりは長い局面。
先手の▲37桂は勝負手。左辺の角銀がひどい形で捌く目処が立たない中、次に▲25桂△24角▲45歩△同歩▲76銀!という攻めを狙っていて、こうなれば先手の角銀が復活して迫力のある攻めが繰り出せるところ。もちろんそうばれば形勢は先手に傾きます。

実戦は図から△26歩▲同歩△55歩と進めたのが手応えを感じた手順。
まず△26歩は、これは先手の穴熊を崩すための後手の切り札。これをいつ突くか、早すぎず遅すぎずのタイミングが大事。で、ここの場面、先手が次に▲25桂とその歩をパクってやるぞと来た瞬間の突き捨てで、穴熊が弱体した瞬間でもありベストタイミング。これは打者が踏み込んできたときに内角に一球直球を見せた感じ。
次に△55歩は、外に緩いカーブを投げるイメージ。指し手の意味としては先ほどの先手の捌きを封じていること、△64銀に働きをかけていることなどがあります。
後手は△55銀の形になれば△74飛車の横利きが44の地点まで通り、不敗の態勢を築けます。
それを嫌ってここで暴れてくるなら、バットの芯を外せてるでしょ、というのが△55歩の意味。


前に何度か負けた将棋で「緩急を使えなかった」というようなことを自分で言ったことがあるのですが、自分の場合は人より速い剛速球があるわけでも、三振を取れる決め球があるわけでもないと、今のところ感じてる。
自分の持ち味としては緩急をつけたピッチング、速い球のあと緩い球を投げたり、その逆も然り。
なぜそう感じるのかというと、1局の将棋の中でこういった手順が指せると非常に好調を感じるからです。攻めて攻めて攻めまくってるときや相手の攻めを受けきりにいっているときよりも、戦いの中でこういった手順が指せてる時に好調な流れを感じます。
緩急っていうのはかわして逃げることじゃなく、直球の前に緩い珠を見せておくと、より一層直球が早く感じるという、次の手の威力を倍増させるようなイメージです。

コンピューターには直球一本じゃほぼ打たれるでしょう。
今の自分はそういうタイプじゃないし、コンピューターは直線的な読みは滅法強い。
今は自分の持ち味を磨いて、本番でも緩急を付けた手順が組み立てれるかどうか、そういった展開になりやすい戦形を研究し、そこに勝負の行方を託したいと思ってる。
(でも、わたしの後ろに控えてる「やれる男」は直球一本で仕留めてくれるのかな!?笑)



スポンサーサイト
プロフィール

月下のシン

Author:月下のシン
2008年10月1日付けで棋士となった佐藤慎一です。
気づいたら早いもので4年目に突入!
宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Love Clock
グラフィカルとけい
Sweets
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。