スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逸材

いつだったかなと調べてみる。

見つけた、ブログは日記メモ代わりとしても非常に優れている。

9月29日に書いた記事~↓

あ、最近思っていること。
弟子、取ってもいいのかなって。
今、2人いるんです、そういう子。
それはプロになれるっていうボーダーじゃなく、将棋界を変えてしまうくらいの、リトルメッシがね^^
あと何年先になるかもわからないけど、特別な光を放つ者。。



特別な光を放つ小学2年生の子供、逸材のお話です。

先ほどの文を書いたときから半年近くなるわけで、その間にこの子はめきめき腕を上げましてね。(もう1人は女の子だったんですが、残念ながら将棋は続けているかどうかわからない状態です)

小学生大会に出ては県代表、全国大会優勝などの輝きを放ち始めているんです!(本当は誰にも知られないうちにもっと強くしたかったが輝きは止められない笑)
大会では研修会のC~Dクラス(三~五段クラス)にも勝つことがあるそうです。

しかしこれを書いた半年前は、確か4枚落ちで勝てるかどうかという位だったわけで、この時点でこんな風に書いているほうがおかしいとも言える。

最近、とある方に「どうやって教えてたの?」と聞かれたんですね。

「まあ他の子と同じように」という答えが普通なのですが、よくよく考えてみると皆と同じようではないような気がしてきたのです。

「そうですね、○○くんとは斬った斬られたの将棋しかしてませんでしたね」というのがわたしの思いつく率直な答えなのです。

初段以下の2枚落ち以下の手合いで、プロ棋士相手に斬った斬られたの将棋には普通はならないんですよ。良い手悪い手、考え方などをわかりやすく教えていくのが普通で、そうやって基本を学んでいく。それが最良の方法だと思っているんです。

しかしこの子の場合は違って、いい手悪い手を飛び越えて、こちらが「これを指されたら仕方ない」とか「これで寄せられたら仕方ない」というような局面に持って行かれちゃうんですね。そこに上手側の変化の余地はなく、あとは下手側が読み切っているかどうかという局面に飛び込まされる。

こちらも本気でいくと、「やれるものならやってみろ!」という開き直りで指すわけで、それが斬った斬られたの将棋になってくる。そういった将棋になると、大抵の初段以下の下手の子なら間違えてしまう、そもそも一手間違えれば負けの局面になった時点で二枚落ちなどの手合いだとほぼアウトだと思うんですが。
そういった場面で常に勝ち切ってくるのは、終盤になるとプロ棋士と読んでいる手が変らないという、ちょっと考えられないことなんですね。
勝手読みならいくらでもできるのですが、プロ棋士相手に変化を与えずに局面を誘導して勝ち切るっていうことができるということです。

一度なんかはこちらが「どうやってこっちの王様に詰めろかけるんだろう?」と疑問に思ってたら、なんと詰めろどころか詰まされたということがありました(笑)

もう2枚落ちではこちらが勝てなくなり、教室も卒業となりました。

そんな折に、去年の年末に平手で1局指してあげたら、やっぱり一手違いになりましたよ(笑)こっちが勝つのは当たり前ですが、終盤に「こう指されると際どい1手違いになるぞ」と思う手を必ず指してくるわけですからね、しかも早見え早指しですから、天性のものなのかもしれません。

しかしながら、曲線的な将棋やねちっこい将棋になったときにどうなるか、もっと指してみたかった。いかんせん2枚落ちじゃあっと言う間に持ってかれるから無理だったから、飛車落ちくらいで全部面倒みてあげるような指し方で対局したかったなと。

ともかく本人はこの後、たくさんの有段者の方といろいろな将棋を指して強くなっていくでしょうね。リトルメッシは道場の強豪たちに揉まれながらパワーアップ中です^^



スポンサーサイト
プロフィール

月下のシン

Author:月下のシン
2008年10月1日付けで棋士となった佐藤慎一です。
気づいたら早いもので4年目に突入!
宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Love Clock
グラフィカルとけい
Sweets
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。