スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

○×問題は難しい・・・?

今日はわるよい(昨日対局でお疲れでしたが)とKとわたしの3人で久々に遊び。

待ち合わせの喫茶店にはKが一番乗りで待っていて、教科書のような見慣れないものを広げて座ってます。

わたしが「それなに?」って聞くと、K「免許取るための勉強」って言うんです。
そういえばKが免許取りに行っていることは噂で聞いていたので「そっか」と思ったのですが、Kが「ひどいよ、学科試験落ちた」って嘆くわけです。

うーん、そりゃちゃんと勉強しないから受からないんだろうと思うも、学科試験は○×問題なんだって言うんですね。あ、ちなみにわたしは免許持ってませんから当然試験も受けたことありません。

問題っていうのがこんな感じので→http://www5b.biglobe.ne.jp/~nobusann/honmen/honmen1.html

まぁ何でもいいんですが、○か×で答えよ、50点満点中45点以上で合格みたい。

わたし「それって目をつぶっても平均25点は取れるってことだよね?」

完全ギャンブラーの思想ですいません(笑)


で、夜にわるよいと3人で飲みながらその○×問題の話になって、Kが学科試験に四苦八苦しているのは、本人曰く「裏の裏を読んでしまうから」らしいんです(笑)

問題の中にはあからさまなひっかけ問題があって、そのひっかけに気づけば正解にたどり着くはずなんですが、Kは将棋をやっていたときの癖で「裏の裏」を読んでしまうって言うんですね(笑)

これにはわるよいもKに珍しく同意して、「確かに、将棋で上手い話のような手を指されたらまず疑って考えるからね」と。

なるほど、っていうか、まあわたしもそうなんですけど、それは将棋だからで、実際は「裏の裏は表」という言葉があるように、実生活ではほとんどのことをそのままストレートに受け取りますけどね~。

カイジの名言。
「利根川...オレが蛇に見えたか...?そうか......なら...おまえが蛇なんだっ。蛇でいてくれて・・・ありがとう。」

ね、相手が(問題が)蛇に見えたら自分が蛇なんですよ(笑)


今日はKに「○○さんの考えていることはわからないけどしんくんの考えていることは大体わかる」って言われちゃったけど、そんなこと言う前に○×問題を早く突破してください(笑)

スポンサーサイト
プロフィール

月下のシン

Author:月下のシン
2008年10月1日付けで棋士となった佐藤慎一です。
気づいたら早いもので4年目に突入!
宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Love Clock
グラフィカルとけい
Sweets
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。