スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

視覚トリック

「おまえのやったことは、スルッとマルッと全てお見通しだ!」

トリック好きなんですよ^^(仲間由紀恵主演のドラマ)


昨日の将棋は後手の角交換振り飛車に先手持久戦という戦形で下図。

20110217121820d3b.gif

先手がわたしで後手が千葉六段です。

どちらが良いとも言えない形、先手から打開していかないと千日手すら見えてきます。
実戦は先手のわたしが▲69飛~▲65歩と玉が薄くなるものの打開していきました。
というかそれしか手段がない、そうするつもりでここまで組んだ。(▲48の金は▲58から寄ったもの)
しかし仕掛けてうまくいくかどうかは不透明ながら、やっていく行くしかありません。



で、全く違う将棋で下図。

トリック


なんだか先手の振り飛車が伸び伸びとした陣形ですね。それに対して後手の73銀が窮屈に見えるし、飛車先を圧迫されている感じで居飛車いいとこなしに思える。

振り飛車持ちに8割はなるような気がします。

もう高段の方は見たらわかると思いますが(笑)、上図と下図は左右を逆にしただけの同じ形。なので形勢判断も同じはずなのに、なぜか仮想図の方は振り飛車が圧倒的に作戦勝ちしているように見える。

なんでだろう??やっぱり振り飛車には愛があるのかな(笑)

たぶん違うだろうから、やっぱり下図の後手を見ると(居飛車としてみると)窮屈に感じるんだろうな。それでも感じるほどの形勢の差なんてないわけだから、将棋で言う「感性」や「伸び伸びした陣形」というのは必ずしも形勢に直結するわけでもなさそうです。

ちなみにこれは自論というか暴論かもしれませんが、左利きの人はほとんど振り飛車党な気がします。
(左右逆だから?笑)


スポンサーサイト
プロフィール

月下のシン

Author:月下のシン
2008年10月1日付けで棋士となった佐藤慎一です。
気づいたら早いもので4年目に突入!
宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Love Clock
グラフィカルとけい
Sweets
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。